スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣(2015年)



平成27年です。本年もよろしくお願いします。

今年もまず、初詣のおでかけからブログを始めます。

「関東のお伊勢さま」と親しまれるこの神社さんは、明治初年に

国費を以て創建された神社であり、神奈川県の宗社、横浜の総鎮守

とされているそうです。





明治初年より特に養蚕・海運関係者の信仰が篤く、生糸及び蚕種の

守護神として崇敬を集めたそうです。



さて、お参りです。

無病息災、厄除け、商売繁盛、家内安全、子供たちの学業成就・・・。

トシをとるといろいろ欲張りになるものです。(*^_^*)

それでは、大勢のお参り客に並んで順番を待ちます。



この日はもう夕方、ちょうど日没辺りの時刻でした。

ランドマークタワーの明かりが見えてきました。



かなり時間はかかりましたが、無事に拝殿にお参りを

済ませました。今年も、がやがや賑やかです。



右に月明かりがくっきり見えました。







上の灯籠は太鼓楼というのだそうです。



裏参道を抜けて出口に到着です。





ここはかの紅葉坂です。県民はみんな知っていますね。(^^)

ここから桜木町駅まで帰りま~す。






スポンサーサイト

初詣(2014年)


平成26年です。本年もよろしくお願いします。


今年も初詣にお参りしました。場所は桜木町紅葉坂にあります


伊勢山皇大神宮です。ワタシの家系は祖母の代より戦前から


横浜在住なのでワタシが幼い頃より伊勢佐木町や野毛のお話を


してくれました。ところが今回ここの神社さんはワタシにとって初めて


参拝です。近所の音楽堂や図書館は馴染みが深いのですが。


・・・という訳で紅葉坂からランドマークはくっきり見えます。


(注:今回は新品の薄型ミニデジカメ撮影でワイド写真画面です。)



ようやく入り口です。駐車場もあり、家族連れやカップル、学生さん


などでごったがえしです。



このように階段を上りながら寄贈者や団体の氏名が


たくさん刻まれています。さすが、『明治初期に創建され、商売繁昌から


安産、厄除などの幅広いご神徳がある、』という話にうなずけます。



神社内の案内です。ちなみにもっともすいていたら


素通りで歩き回ったとしても30分くらい、広さはとても


小さいです。



1月は2日以降はあまり混まないと聞いてやって来たのですが


とんでもない。すごい行列です。お参りできるまで1時間はかかる


人の多さでした。



御社殿です。これは神明ひのき造りで、太古の掘立造の面影を残しており、


屋根の千木(ちぎ)“角のような形”と鰹木(かつおぎ)が特徴です。


創建当時の社殿は関東大震災の災禍をこうむり、倒壊してしまい、


現在の社殿は昭和3年に復旧建造されたものだそうです。(神社HPより。)



御社殿のわきに立派な松がそびえていました。


大切に保存されています。



 



 



 



 



 



・・・心配していたよりもにぎやかな初詣でした。


桜の名所でもあるそうですので、春にまたデジカメを持って


ぶらりとお散歩しに来よう、と思いました。


 









みなとみらい散歩



12月になりましたので、今年もX'masの

飾りつけ目当てに桜木町からランドマークへ歩いてみました。



最近はここら辺も余程用事がないと来ないワタシです。

もっとも夜は恋人たちの散歩コースなのでワタシも年を

取ったものです。ちなみに写真は昼間にとったので学生さんたち

が制服で散歩していました。最近は学生さんの散歩コース

もリッチになったものです。(目の毒になるようなファッション

アーケードばかり並んでいて親は冷や汗モンですが。)





到着です。このツリー、おなじみですね。場所はランドマーク

プラザ1F のガーデンスクエア
です。今年はピンク色の

デザインで可愛らしいです。そのせいか女性ばかり

で囲んで皆さん写メ撮影会でした。いわゆる女子会ばやり。

今年のこのカラーからお上品、上質さが印象強かったです。



今年で開業20周年を迎えたランドマークプラザのニュース

によりますと、これは高さ約9mのツリーで、今年のテーマは

『Happiness Balloon ~マーメイドが舞い降りる~』



というわけで、階下に下りて横から撮影しました。



“ピンクゴールドのリボンの他、今回のためにディズニープリンセス

「アリエル」をはじめ、人気のディズニーキャラクターたちの

オリジナルバルーンオーナメントがツリーを華やかに彩ります”、

との説明がありました。詳しくは次のURLまで。

●LMイベント情報









ウーン、セレブ風に押されてワタシもランドマーク店内を

ウィンドーショッピングしました。やはり女性に優しい設計に

なったかなと思います。たとえば原宿まで行かなくとも

『H&M』が新たにオープンされてたり。

そんなこんなでゴージャス路線は変わらないですね~。(=_=)

・・・さて、端っこまで歩いて外に出ます。



ここからはクイーンズスクエアです。



いちょう並木の左側は横浜美術館です。

もう少し、冬の風に吹かれて帰りま~す。






テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

桜木町南・夜桜見物

お花見の季節です。

週末の夜に、満開だというので地元、大岡川に

夜桜を見物しに散歩してきました。

   

今回、写メなのであまり写りは良くないのですが

風情だけでも、ご一緒に、と思いUPしました。

モチロン来年は必ずカメラを持参することを決意いたしました。

   

ここはランドマークの南側、日ノ出町の駅のそばの橋から、

さっそく露店が川沿いに並びます。

   

   

頭上の提灯は、広告スポンサーの皆さんの個人名やお店の名前などが一つ一つに

記されています。地元らしい、ゆるい?なじみ深い名前に少し安心します。

   

   

   

   

ここで、タイミングよく、お客さんを乗せた屋形船が通りかかります。

   

   

   

この大岡川の北側にはランドマークがそびえています。

   

屋台は、大阪のお好み焼き、北海道のジャガバター、

果てはロシア料理、フランス料理の屋台もあり、かなり自由な

雰囲気です。日没後で少し肌寒かったのですが、おじさん連中は

缶酎ハイや缶ビール片手が多かったですね。行きかう人々は

家族連れ、カップル、友人同士などでにぎわいました。

   

   

   

今年は、週末に昼に夜に満開の桜を楽しむことができました。

4月の新学期には散ってしまうけど、誰でも写真ファイルに収めて

いつでも楽しめることができるようになり、さらにプリントサービスなんかも

増えて、いつまでも「美しい日本」の姿を残せるこんな時代に感謝しています。








日記@BlogRanking 

テーマ : お花見情報
ジャンル : 地域情報

伊勢佐木町を歩いて 2

   

今回は伊勢佐木町6丁目にある、多国籍料理のお店の紹介です。

この日夕方、「伊勢ぶら」をしていたら、お店の前で

威勢のいい呼び込みがあり、ふと気がつくとインド人の

店員さんが懸命にお店のアピールをしています。

ここは「月の光」という店で、9月初めにOPENしたばかりなのだそうです。

お店に入ると、故郷のヒマラヤ山脈の夏の風景の写真が飾ってありました。

山頂は残雪が残っています。(写真左上です。)

さてこの日のディナー・タイムにオーダーしたのは

セットコースです。2人前ですが、コンパクトで値段もお得そう。

さっそく料理を待っていると最初に「ラッシー」という冷たい甘いドリンクが

サービスででてきました。ラッキー!(飲み物はラッシーです。(^^))

そして次に、チキンサラダがきました。



このチキンはスライスしてあって、ちょい辛いソースがかかっています。

お次に、シシカバブです。タンドリーチキンもついてます。



メニューには、「シークカバブ」とありました。ご当地!言葉ですか。

これも香辛料の効いたインド料理らしい辛い味です。

さて、次は、サモサ。





ケチャップをつけるのですが、わりと辛い、日本にはない香辛料の味に

まず、驚きます。小麦粉とじゃがいもと香辛料などが練りあわされて

油で焼いてあります。ワタシにとって初めての味!でした。



さて、これからメインのカレーセットがきます。

まずは、白ゴマのかかったナンです。



これは、この日食べたかったシーフードマサラです。

小さいイカとか魚介類がたくさん入っています。

また、辛さは甘い~辛いまで、注文時に頼めます。

・・・この後、ホットチャイという、ロイヤル・ミルクティー

のようなインドの紅茶がでてきて、このコースは終了です。

友人と一緒に、女子会に、とてもオススメです。

ただ、カレー味などスパイシーなメニュー揃いなため、大人ウケする

と思います。(小さなお子さんにはチョイ、辛いかも。)

ワタシにとって初めての本格的な6丁目の「伊勢ぶら」報告でした、

ごちそうさまでした!

☆多国籍料理「月の光」店舗案内参考ブログ







日記@BlogRanking

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

伊勢佐木町を歩いて 1

  

ここはワタシの地元、横浜の伊勢佐木町です。

横浜といえば、昭和20年に横浜大空襲に遭って日本軍が敗戦するまで

市内の辺りは、空襲の戦火のため酷い廃墟になったと、母はよく元気な頃、

ワタシたちに話して聞かせていました。その頃から戦争に対する恐怖はあったのですが、

今年の夏は母が現在病気で意識がなく、もう余生がないことからワタシ達家族にとっては

特別な夏になってしまいました。



ここは「伊勢佐木町商店街」です。ここから歩きます。





これは、昭和を生きた歌姫、青江美奈さんの歌碑です。ご存じ「伊勢佐木町ブルース」です。

生前に同居していたワタシの祖母の世代の歌謡曲です。

「伊勢佐木町」の名は、故青江三奈(平成12年7月2日没)さんの「伊勢佐木町ブルース」に

よって、全国の人々に知られることになったそうです。



歌碑はこのようにグランド・ピアノがななめになった格好で置かれていました。

伊勢佐木町ブルース歌碑は「楽器の王様」といわれるグランドピアノをモチーフとし、

ピアノ部分は「さくら石」、台座部分は「黒みかげ石」を使用して製作してあるそうです。

この日はちょうど雨がぱらぱらと降る夜でしたのでムードもありました。



歌碑の説明です。詳しくは以下のURLで参照してください。

☆彡歌碑案内HP

☆彡青江美奈さん看板案内HP



そばには、ライブハウス「CROSS STREET」もあり、女性シンガーのライブが行われていました。

ここ地元商店街がアートを愛する人達のために建設したイベントスペースなのだそうです。 

・・・さて、次回は、ここ伊勢佐木町のグルメリポートです。

お楽しみに!(^^) 








日記@BlogRanking 

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

上野公園内散策





上野公園の3回目です。ここ動物園は有名なのですがこの周辺、

この日は日本人、外国人、たくさんいてとてもにぎわっていました。





そして近所の大学生や社会人のお花見パーティーも盛り上がっていました。



ふと見上げると、あの飛行物体は・・・?



保険会社の宣伝のようですね。







それでは、東照宮からさらに歩いてみます。



高級料理の梅川亭、隣はすぐ上野精養軒です。夏にビアガーデンに来ました。

この通りの提灯も精養軒の名前です。







韻松亭の隣は花園稲荷神社です。



この鳥居をくぐるカップルもいました。御利益あるかな。



ここは、花見のメインストリート、桜通りです。頭上は桜、地面は人だらけ、

行きかう人々はカメラや写メの撮影に夢中でした。






《上野恩賜公園》
●“上野恩賜公園は、明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に
日本で初めて公園に指定されました。ここは、江戸時代、東叡山寛永寺の境内地で
明治維新後官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜され「恩賜」の名称
が付いています。
 当初は、寛永寺社殿と霊廟、東照宮、それに境内のサクラを中心にした公園でしたが
その後、博物館や動物園、美術館などが構築され、文化の薫り高い公園へと衣替えが
されました。”

●“上野の山は、江戸時代から「桜の名所」として知られてきました。
寛永寺が創建された後、桜が好きな天海僧正が吉野山から移植させた
ということです。お花見シーズンには、のべ200万人近い人出があります。
現在、およそ1,200本の桜があり、雪洞の灯りに浮かぶ「夜桜」も一段と風情があります。
上野公園は桜に始まり、つつじ、さつき、と連続して花が咲き競います。
公園中通りが主な見所となります。”    (公式HPより
                           

このように夏は不忍の池の蓮、秋は紅葉、冬は牡丹と、風情があり散策にぴったりです。

今日は暖かい日で半袖の女の子もいました。散った花びらはあまりなくラッキー!

そしてワタシもたくさん写真が撮れました。(^^)これでこの公園散策のお話も終了です。

皆さんお疲れ様でした~。











日記@BlogRanking 

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

上野東照宮





上野公園の散歩の2回目は上野東照宮です。







ここの御祭神は徳川家康公、吉宗公、慶喜公です。

それでは由緒です。

家康公(東照大権現)の遺言により1627年(寛永4年)藤堂高虎と天海僧正により

東叡山寛永寺境内に家康公をお祀りする神社として建立され、1646年(正保3年)

には正式に東照宮の宮号を授けられました。そして1651年(慶応4年)に三代将軍

家光が造営替えしたのが現存する社殿なのだそうです。さいわいなことに、

関東大震災や第二次世界大戦でも社殿の崩壊は免れました。江戸の面影を

現在に残す大切な文化財だそうです。(東照宮発行パンフより





入り口の水舎門にはたくさん千社札が貼ってあります。

ほとんどが風雨にさらされてか、もう古くなって文字が読めないのもあります。





これは神楽殿です。



神楽殿の脇にある桜はとりわけ大きく枝をのばし見事な様子でした。



この銅灯籠は全部で48基あります。(国指定重要文化財)

諸大名から寄進されたもので、美しい装飾がされています。







お願いごとの御札の絵馬は多くの外人さんが各国の言葉で書かれていて

日本人の方の絵馬はやっと見つかったのですが、「東日本大震災で

行方不明になった方々が皆さん見つかりますように。 ××県民より」

などとあって、心打たれました。



緑の屋根は社務所です。





正面は唐門、そして奥は社殿です。現在はこのように修復中です。

それでも、参拝客でお賽銭を投げてお参りする方たちも見かけました。









せっかくですのでワタシもお守りとおみくじをゲットしました。



ニコ。(^^) 中吉なので、今後はまずまずの運気のようです。

さて、Uターンして戻ると境内の脇に長崎広島原爆慰霊の碑がありました。





この白い円柱の石は茨城から取り寄せた安全祈願の石だそうです。

この神社には紀州、水戸、尾張の徳川御三家より寄進された銅灯籠もある

のでゆかりがあるのでしょう。



それでは最後にパンフにある御遺訓を紹介します。

。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

《家康公御遺訓》

人の一生は重荷を負て 遠き道を行くがごとし

いそぐべからず

不自由を常と思へば 不足なし

こころに望おこらば

困窮したる時を思ひ出すべし

堪忍は無事長久の基 いかりは敵とおもへ

勝負ばかり知て まくる事をしらざれば

害 其身にいたる

おのれを責て 人をせむるな

及ばざるは 過たるよりまされり


      慶長八年正月十五日 家康


。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・




日記@BlogRanking 

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

東京国立博物館





上野の国立博物館の常設展にお出かけしました。

桜とコラボできるので、写真も楽しみなのですが、

ワタシとしては、国宝の仏教美術にお目当てがあって、

わざわざ訪問したのでした。そのお話はまた後で。

なお、今回はデジカメ撮影のためワイド画面です。



こちらは、お隣の「東洋館」です。ただ今休館中です。



その前に見事なしだれ桜がありました。今が見頃です。



これは、本館の入り口です。荘厳な構えです。







これは、左隣の「表慶館」です。現在は休館中です。



それでは、館内に入って周ってみます。

本館の2階「日本文化の流れ」といい、縄文文化から江戸文化まで

日本文化史を本物の作品でたどる時代別展示となっています。

平安、鎌倉時代の仏教美術、宮廷美術、禅と水墨画などが見どころ

ですが、この後、室町よりの茶の美術、武士の装い、江戸時代の屏風、

能と歌舞伎、衣装、浮世絵・・・、と続き、どれも目が離せません。

ワタシの子供にもぜひ一度足を運んで直接鑑賞してもらいたいものです。

たしか、学校で配布された歴史資料の年表にあったな、というものも

ありますよ。なので、とにかく作品数が多く、真剣に観て周ったこともあり

2階フロアだけで2時間くらいかかりました。

また1階は、彫刻、陶磁、刀剣などがジャンル別に展示してあります。

歴史資料がたくさんあり、ワタシは1時間くらいで周りました。

この博物館は収集、保管、修復、展示、調査研究、教育普及などの事業

行っています。そして所蔵の中には、国宝、重要文化財が多く、その展示物には

わかりやすく表記があります。なのでここは質・量ともに日本一のコレクション

なのだそうです。(2012年2月現在。)

。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

ところで、ただ今この博物館140年イベント春の巻として、

「博物館でお花見を」というイベントが4月15日(日)まで

開催されています。本館桜めぐりでは、国宝花下遊楽図屏風など

桜をモチーフにした作品を展示しています。展示室の作品がすべて

桜づくしとなっていて、その作品の多さに圧倒されます。

それでは、関連サイトを以下に3つ挙げておきます。

東京国立博物館HP

Googleアートプロジェクトサイトの紹介

  ※普段Google+を使っている方にオススメです。
   ワタシはこのサイトでこの国立博物館アートを知って観たいものがあって
   足を運びました。Googleでアート鑑賞ができるなんて夢のようですね。
   ちなみに世界の各国の美術館の主要作品が楽しめるのですよ。スゴイ。

・・・ところで、今回ワタシが観たかった作品をUPしてみます。

それは「十六羅漢像」です。釈迦牟尼の弟子が16人いて、釈迦の教えを誓いあって

います。個人ごと経文を勉強する姿の絵は2階にあります。そして16人全員で集まって

いる様子の絵は1階に展示されている横山大観の作品です。

十六羅漢像




これは本館前の庭園の河津桜です。

上野公園にはいろいろな桜がたくさんあります。

ワタシも見頃に駆け込んで来た甲斐がありました。(^^)



このたくさんのヒトがごったがえしの上野公園の散歩は

また次回に続きます。

。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

『桜を詠んだ歌』

◆「世の中に たえてさくらの なかりせば 春の心はのどけからまし」 
  在原業平
◆「花の色はうつりにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに」
  小野小町


。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・







日記@BlogRanking 

今年のお花見2012

     

     

今年の桜、公には自粛ムードが叫ばれています。

なので、歩きがてら、気分だけでも。

ここは、横浜みなとみらいの遊園地です。

     

残念ながら天気はいいのですが、かなりの強風でした。

     

     

     

たくさんのお母さんとお子さん達がよちよち懸命に歩いていて

とても微笑ましかったです。横浜ではこの間の嵐が去って、

やっと桜の花が咲き始めたので、これは5分咲きくらいでした。

まだまだ、これからです。(^^)

この様子なら、週末は家族連れなどでお花見日和になるかな。





日記@BlogRanking

横浜 三溪園

     

     

3月の散歩話、第2回は「三溪園」です。

まだ、桜の時季ではありませんが本牧に来ました。

ちなみに本牧はワタシの卒業した高校の地元です。

ところが三溪園に来たのは初めてです。ワクワク。

     

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、

1906年(明治39)5月1日に公開されました。園内には京都や鎌倉など

から移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。

(現在、重要文化財が10棟・横浜市指定有形文化財が3棟あるそうです。)

それでは、明治39年に公開されたエリア、外苑を周ります。

     

この季節だからか花をつけた樹木より松が多いのに気がつきます。

     

入り口からすぐの大池にはなぜか白黒模様の鴨がたくさんいます。

     

なまずのように大きい鯉もたくさんいます。

     

     

     

これは原三溪翁の碑です。

この人物、三溪は明治時代に原家の家業を継ぐと、

個人商社を合名会社へと改組、生糸輸出を始めるなどの経営の

近代化と国際化に力を入れ、実業家として成功を収めました。

実業家以外にも様々な面を持ちあわせた三溪は住まいを本牧の三之谷へ

移すと古建築の移築を開始し、1906年(明治39)三溪園を無料開園した他、

美術品の蒐集や芸術家の支援・育成を行ったそうです。

     

     

     

これは側にある茶寮です。歩いてきて一服するのにぴったりな場所です。

     

     

ここから先はこの海岸門から始まる内苑です。

とりあえず、引き返してカンタン足早散歩ルートに戻りました。

     

     

     

小高い先に見える三重塔は京都の燈明寺から移築した建物で

現在、関東にある木造の塔では最古だそうです。

     

     

ここから観心橋を渡ります。楠正成公に所縁があるそうです。

ところで、クスノキは常緑樹なのですね。冬の終わりでも緑色の葉が残っていますね。

     

     

     

天満宮です。もう散歩ルートの最後の辺りです。

     

     

     

入り口の大池に戻りました。

     

     

さてこの園では、紅梅、白梅、ユキヤナギ、松、椿が観られました。

     

また、華やかでにぎやかな春や夏に訪れたい地元の名園でした。

今回、写真を撮らせていただいて、ありがとうございました。

3月の散歩話はこれで終了です。









日記@BlogRanking

横浜BAY QUARTER

     

3月らしいポカポカ陽気に誘われて、横浜駅東口エリア

にお散歩してきました。横浜といえば海!陽春の頃の海はいいですね、

これまでの1年の反省をして、これからの新しい1年の心の準備をしましょう。

ここ横浜BAY QUARTERは、横浜そごうの東にあります。

目の前が海、絶好の写真のロケーションです。(今回はワタシは写メなので

お許しください。)

     

それでは4Fのレストラン「Aloha Table Ocean Breeze」にGO!

     

     

     

お店はHawaii風にアレンジしています。なりきりハワイアン!

ランチタイムでとても混んでいました。

     

めずらしくオーダーしました、これはグァバジュースです。お花付き。

     

「♪ソーダ水の向こうに貨物船が通~る~・・・」

     

本日のランチは「鮪とアボカドのポキ・ライスボール」です。

この季節は生野菜がフレッシュでおいしく感じます。

     

窓の向こうにある橋はベイブリッジなんですよ。

     

東の円筒形ビルはXEROX、その隣は日産ビル。場所はみなとみらい「高嶋町」駅です。

とても近くて歩いたら5分くらいです、ほとんどお散歩コースの範囲です。

     

写真の左はみなとみらい21再開発地区の高層マンション群、そしてNTTの電波塔です。

この電波塔、曇りや雨の時は“カルトなアールヌーボー調な黒い塔”のムードに

写るので「あ、明智君、あの塔は・・・!」などと偕成社江戸川乱歩シリーズ調

に説明したくなるのでご用心。雨の日は怪人21面相が浮いてたりして・・・。

とまあ、こんな贅沢な空間にイヤミな冗談はさて置き、この散歩の語りは

次回に続きます。


★「Aloha Table Ocean Breeze」紹介サイト








日記@BlogRanking

横浜みなとみらい散歩2

この散歩日記、2回めの今回は大桟橋つまり横浜港大桟橋埠頭、及び

横浜港大桟橋国際客船ターミナルからはじまります。

場所で言うと「海岸通1丁目」です。象の鼻パーク南から海側へ歩きます。



もちろん車で来られる方も多くてここは夜景にピッタリですね。



これは山下公園方面、「氷川丸」です。





横浜港周遊船である「ROYAL WING」号の発着埠頭でもあります。

レストランがあって、船上パーティーができますよ。







確か以前、高校の同窓会で誘われた記憶がありますが。

おっと、船の上にサンタクロースが乗っていまーす。





そして今度は大型の客船が見えてきました。





「PACIFIC VENUS」号です。



ここ大桟橋は、横浜港における国内及び外国航路の客船の主要発着埠頭です。

なので主要観光地でもあるそうです。

   ◆・・・◇・・・◆・・・◇

それでは山下公園に進みます。曇り空で寒い、と思っていたら

ちらちらとみぞれが降ってきました。





ここはシルクセンター、産業貿易センター前です。



赤いバスは赤い靴号で、頻繁に通っていました。



右は県民ホールです。ワタシは今年はYumingのコンサートで夏に来ました。





横断歩道の向こうは山下公園です。今日は大道芸人さんがパフォーマンスしていて

見物人がたくさん集まっていました。そして歩きながらでも海が見えます。









しばらくお話しながら歩くとあっという間に中華街に着きます。





これで、今回のみぞれ混じりの12月らしい散歩日記を終わりにします。

よく歩いたので、(*´∀`*)アッタカーイ飲み物がほしくなりましたよ!

Thank you.





人気ブログランキング  へ   日記@BlogRanking

横浜みなとみらい散歩1

祝日の今日は、恒例のクリスマスイベントなどを楽しみに、

横浜みなとみらい周辺からデジカメを持って散歩の始まりです。

まずは、ランドマークプラザに入ります。入口からはいってすぐに

人垣ができています。「む、ここだ。。。」そうです、今年もツリーを

見にやってきました。

場所はランドマークプラザ1F ガーデンスクエアです。





階段を降りて近くに寄ると、ママさんとお子さん達のミニ撮影会でした。

皆さん写メが多かったです。



これは、今年のテーマデザインが「ワンピース」だから

子供さん達も関心高かったようです。ツリーは白いキラキラの都会的イメージ

でした。ここ横浜はホワイトクリスマスではないようですが夢に感謝しましょう。

ここから、外へ出てクイーンズスクエアへ向かいます。





お昼どきでしたので、クイーンズスクエアat2nd、1Fの「アメリカンハウス」

に入りました。“ハンバーグ&ステーキ専門店/メキシカンファストフード”

と看板があって、温かそうなお料理がグルメ心にぴったりです。


★“クイーンズ・スクエアat”ガイド

★American House HP

そして、ランチです。まずジャンバラヤです。



メキシコ料理らしく辛いです。

これは、サラダです。元はボリュームが多くて二人分です。



これは、タコのカルパッチョです。どちらかというと、ビールに合う味です。



今日は祝日ですが、普段平日はランチサービスがあるそうです。

情報によれば・・・・・

『1,200円食べ放題ランチバイキング』
 月~金 11:00~16:00
 ※最終入店は15:00

 常時15品~20品目、サラダ・スープ・ご飯料理・パスタ
 フライドチキン・ピザ・アイス・チョコレートフォンデュ

 ※子供(80cm~120cm) 800円
 (小学生以下は14時以降のご来店)
 大人
 1,200円

とのことです。詳しくは、

★「ぐるなび神奈川版」

こちらでチェックしてください。このお店はボリュームのあるメキシカン、

アメリカンの料理が自慢で、店内はアメリカンなディスプレイが所狭しと並んでいます。

Barカウンターがあり、本格的なカクテルがたくさんありました。

   ◆・・・◇・・・◆・・・◇

・・・それでは、ここから赤レンガ倉庫へ移動します。

海よりの道路を散歩します。なかなか大勢の人々が同じように歩いていました。

デート、友人と、親子連れ・・・ですね。観覧車もあっていい感じ。(^。^)



パシフィコ横浜から、国際橋を通ります。川を渡って20分くらいです。





周りの景色は、みなとみらいの高層ビル群が一望できます。今日は曇りで残念でした。



緑の丸屋根が目印の横浜税関はこちらです。ニックネームは「クイーン」です。



ちなみに「キング」は県庁旧庁舎です。港に入港する船の目印なのだそうです。



そしてこの赤レンガ倉庫を南に進みます。







おっと、何か標識が見えました。



さてここからは、大桟橋埠頭です。桟橋の端から端までかなり歩くんですよ、

・・・というわけで続きはまた次回でございます。(o・・o)/~






人気ブログランキング  へ     日記@BlogRanking

新宿御苑

10月になりました。そろそろ金木犀もちらほら咲き始め、

新しい季節に入りました。今回は新宿御苑に案内されて

歩いてきました。場所は新宿南口から歩き始め、のっぽの

時計塔が目印のタカシマヤタイムズスクエアを横目に見て

ほんの5~10分で到着しました。

   

   

新宿門から入ります。この日は公開日のため無料で入場

できました。

この辺りは「楽羽亭」です。松の木がたくさんありました。

日本式の茶室となっています。

   

   

   

   

この石碑によりますと、戦争中に焼け野原となって後、

日本庭園の中のお茶室として復興したそうです。

たくさんの松に囲まれて気分よくシャッターを切って

バシバシと撮りまくりました。(^_^;)

中央休憩所でランチを済ませてから、歩いてイギリス式庭園

移動します。

   

   

今日は週末なので親子連れ、小さいお子さんと一緒の親御さんが

大勢いて、羽をのばしていました。

   

これは、庭園脇の「三角庭園」です。

   

そして環境省が主催で、全国から集まったエコ活動の団体がテントを

はってデモンストレーション中でした。各地のきれいな水、森林の緑、

野菜直売、講演会など・・・。

   

   

   

上の写真は新宿区の企画したもので“この御苑内に玉川上水、

内藤新宿分水散歩道を整備する運びになった・・・。”という、

つまり540mの散策道の整備の案内なのでした。

   

   

   

   

   

   

これらは栃木の日光、長野の日本アルプス、鹿児島他九州からなど

応援隊のテント陣となっていて、園内にズラリと並んでありました。

   

このコーナーから新宿門に戻りますと、散歩道にいろいろな

樹木に出合えます。

   

   

   

これはジュウガツザクラです。人気があって三脚と一眼レフでじっくり

撮影している人もいましたよ。ワタシも初めて見ました。

ほぼ開花していて、見頃です。

   

   

   

そしてレバノンスギです。大きい木でした。箱根恩賜公園で見たことがある

ので、これで2度めです。

   

   

   

   

これはその隣のソメイヨシノです。日本人にお馴染みです。

   

   

左がソメイヨシノ、右がレバノンスギのツーショットです。

   

   

次に低木のタイワンホトトギスです。

   

   

それから、ウメモドキ。梅擬、と表記がありました。南天みたい。

   

   

   

これは背の低いオオツワブキです。蓮の葉みたいです。

   

   

それでは、新宿門へ向かいます。静かでゆったりした散歩道です。

   

   

こうして、タカシマヤタイムズスクエアを向こうに眺めると

ややセントラルパークにいるような気分になってきます・・・。($・・)/

(注:気分だけです。気分の問題です。)

   

さて、側にミズキがありました。案外がっしりと大きな木です。

(うちの子もこんなに立派に成長してほしー!) (^^)v

   

   

   

   新宿御苑さん、今日はありがとうございました~! (^_^)

   

正面のツインビルは西口の都庁です。

わざわざここまで来たのでデパートでもみながら帰宅です。



人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

渋谷・原宿におでかけ

久しぶりに渋谷へでかけました。ハチ公口は反NHK問題を内容としたデモ隊が大声で訴えていました。

        

        

        

        

これから、渋谷マークシティーへ向かいます。

        

このビルは、京王井の頭線渋谷駅に直結しています。5Fまで、ファッション、レストランなど

一般の駅チカデパートと変わりないのですが、ちょっと見どころがあります。それは・・・。

        

井の頭線へのコンコースに巨大な「岡本太郎・明日の神話」が設置されてあることです。

        

        

縦5.5m、横30mで、スケールの大きい“壁画”となっており1968年にメキシコで描かれた

ものだそうです。例の“落書き”も補修工事が済んでいます。

★明日の神話公式HP

そして、駅の東口に向かうと・・・。

        

これは銀座線、そして今建設中の噂の「ヒカリエ」です。やはり巨大なビルでした。

なのに銀座線が建設中の脇を普通に走っている現実に驚きました。

        

        

それでは、これから原宿の明治神宮へお参りに行ってきます。

        

この日も9月なのに暑く、中はとても広い神社なのでかなり歩きました。

        

最初の鳥居を過ぎてすぐに日本酒の酒樽が並んでいます。

        

こちらはフランス名のワイン樽でした。

        

        

さらに進みます・・・。

        

        

        

こんなお茶目な屋根アートもご愛嬌?

        

そしてやっとたどり着いた本殿で参拝します。若い人たち、外人さんが目立ちました。

        

これは本殿左の大きな木です。

        

        

これらは本殿右手の建物の風景です。

        

絵馬もたくさんです。いろんな願いごとがありました。

お参りも無事に済ませて、それでは原宿に向かってさらに歩きます!

        

ヤッホー!竹下通りに到着。もう若い人だらけ。ここはアイドルグッズが多いですからねぇ。

        

        

ワタシもジャニーズ系の生写真をみましたよ。「嵐」や「関ジャニ」etc.

クレープ屋さんも健在でした。

そしてここにもダイソーがあって早速ネイルアートグッズを買い込んできました。

セレブ系?サロン風?つけ爪などです。

そして竹下通りを抜けて明治通りに入ると「H&M」、「FOREVER21」が大人気。

入り口でお客の写真を一眼レフで撮影している人もいるほど大盛況はまだ続いていました。

ラフォーレ原宿そばの神宮前交差点、原宿八角ビルにタイ料理店「チャイヤブーム」を発見!

今日はたくさん歩いて疲れたので、ここで一休み。あまり混んでいませんでした。

        

    

これはタイの「シンハービール」。獅子がトレードマークで日本のキリンみたい。

アルコール度数は5%です。あまり水っぽくないし、さっぱりとした苦味でした。

        

        

お料理はタイ米と、イカの入った野菜炒めで塩味であっさり夏に合うメニューでした。美味。

        

このお店はタイ大使館公認なのだそうで、奥には国王と王妃の大きな写真が掲げてありました。

★「チャイヤブーム」紹介サイト

聞いた話によるとタイでは毎日数回お祈りの時間があり、国民皆が1日の感謝をするそうです。

もし、国の決まりごとに従わない者がいたら「不敬罪」で罰せられるそうな。

日本人にとっては、タイ語は非常に読みも書き言葉も難しいですね。それでも料理店で飲食しても

よいのですから日本人として感謝します。また、お店に興味ある方、品格のある落ち着いたところ

でしたので今度ぜひいかがでしょう。





人気ブログランキング  へ     日記@BlogRanking

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

港が見える丘公園(後編)

それでは、公園内のご案内から続きです。

       

これは展望台のとなりの沈床花壇です。階段で下って噴水を中心に広いスペースになって

います。現在は花などはなく、小さな木々や芝生の庭園になっています。

       

公園内をぐるっと周ると「イギリス館」です。ここの辺りはインターナショナルスクールが

いくつかあります。みんな勉強がんばってるかな~?かの英文学者ヘボン博士もそばの

外人墓地にお墓があるんですよ。

       

       

振り返って海の方角をみます。広いですね。

       

ここから噴水広場です。

       

噴水から水がエスカレーターのように静かに流れています。

       

       

むこうに背の高い大きな木を見つけましたよ!

       

この小路から大佛次郎館近代文学館に続くとの案内板があります。

       

今はこんなバラが何種類か咲いていました。でも猛暑の影響で正直あまり元気ないかな。

       

大佛次郎館にやってきました。

       

       

この辺りはイギリス山地区というそうです。やはり海の眺望もいいです。

       

そしてこの正面が近代文学館デス。ワタシは「安野光雅展―アンデルセンと旅して」

という展覧会を目的に今日はやってきた、というワケでした。

       

以前から日本人離れした繊細でロマンティックな水彩によるヨーロッパ調の画風が優しく

お気に入りでした。

       

       

この安野先生は山口県津和野市のご出身です。故郷も大切になさっています。

       

ですのでこの展覧会は津和野町立安野光雅美術館の協力もあり、さらにデンマーク大使

館、社団法人日本国際児童図書評議会などの後援もあるとのことでした。

鑑賞内容のキーワードを並べると、アンデルセン童話、マッチ売りの少女、かげぼうし、

同郷の森鴎外への想いと関連作品、デンマークへの創作旅行、社会にデビューしてからの

出版社との関わり、作品履歴・・・・・と、とどまることなくおもちゃ箱のように情熱や

パワーにあふれているので驚きました。

そして最後に石川啄木の生涯にふれ、こんな彼の短歌が記されていました。

 『石川啄木の短歌』 ~「一握の砂」より
   たわむれに 母を背負いてそのあまり軽きに泣きて 三歩あゆまず


ワタシもこの歌には自分の失敗の記憶があるので見透かされてしまったようでした。

   路傍に 犬ながながと呻しぬわれも真似しぬ うらやましさにる
   友がみな われよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て 妻としたしむ


啄木はこんな短歌を残して肺結核で28歳で早世した人でしたね・・・・・。

この頃子供を先に亡くしたり、あまりいい時代でなかったようです。

それにしても、「ちくま日本文学全集」の装丁を手がけたり、日本史をも駆け抜けた

偉大な先生はいまだこの国を見守っていることはうれしいことであり、素晴らしい時代

になったことの証明であるということでありますね。

       

       

       

       

元町商店街を通り抜けてウィンドーショッピングしながら帰りま~す。



人気ブログランキング  へ      日記@BlogRanking

港の見える丘公園(前編)

ワタシは中学時代から横浜に住んでいます。もう30年以上昔からになります。

今回は「港の見える丘公園」におでかけです。写真をたくさん撮ってしまったので

2回に分けます。たくさん撮影する気はなかったのでデジカメでないのですみません。

       

それではまだ新しい印象の地下鉄みなとみらい線の出口から。この日も9月とはいえ、

まだ暑いですからここからの長い坂を覚悟します。

       

       

ここはフランス山の入り口、「谷戸坂」です。登っているうちに不思議と

「コクリコ坂から」とかいう新作アニメが気になってきます。・・・こんなかんじなのかな?

歩行者は一歩裏通りを案内板にそって歩きます。古いけど上品な住宅街でもあります。

       

       

坂を登りきるとやっと公園にたどりつきます。平日ですが、いろいろな観光客が訪れて来ています。

団体の観光バスからも人々がぞろぞろ降りてきました。

       

       

これが展望台です。近くによってみて・・・。

       

むむ、すみませんデジカメの方、今度はよく撮ってくださ~い。

       

こちらは北方向、桜木町よりです。

       

山の斜面なので林も多いんです。公園内が花や木々の緑でいっぱいなんですよ。

≪港の見える丘公園≫

●この一帯は開港当時は外国人居留地。丘の上に英軍下に仏軍が駐屯していた場所。

●昭和36年 整備に入る。
 昭和37年に「港が見える丘」のメロディーがヒット曲となる。
 同年風致公園として開園された。

●以来、仏領事館跡地のフランス山地域、英国の総領事官邸であったイギリス館
 昭和53年に大佛次郎記念館
 昭和59年に近代文学館など文化施設が次々とオープンした。

●平成3年 市の花バラの制定記念としてバラ園がオープンした。
 約110種1300株のバラが、花の季節に多くの人々を楽しませている。

・・・この公園の展望台からは、海が一望でき、ベイブリッジなどの撮影を楽しむ

ことができて人気のお散歩コースです。友達と、恋人と、家族と、お客さんと、

など多くの人が楽しめる憧れのコースです!

そしてやはり、山下公園の庶民的なチャイナタウンから離れてフランス山地区、

「イギリス館」のあるイギリス地区はもうヨーロッパ風高級庭園の

つくりとなっていて、毎年ニュースになって有名な「バラ園」も大切に育てられて

いました。ちなみにバラには「プリンセスダイアナ」や「サチコ」などそうそうたる

御名前がつけられてあられる??のでワタシなど素人の通りかかりはギョっとして

しまいました。他に何人かの環境局の方々が大切に庭を手入れされていました。

それでは、次回をお楽しみに。




人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking

新宿におでかけ

9月の週末、普段は田舎もののワタシですが、思い切って新宿でランチしました。

今回はデジカメもスタンバイ。羽をのばして久しぶりのレジャーでウキウキです。

     

これは西口のスナップ。コクーンタワーです。

     

都庁方面をパチリ。ワタシだけでなくあと3人写真撮影をしていたので

その偶然に驚き!写真撮影に東京見物に来るヒトもやはり多いですね。(実感

     

さて、これは西口のモザイク通りです。ミロードから入ります。

お気に入りのCath Kidston店もあります。(^_^)

ちょっとHawaiiのショッピングストリート風でオープンスタイルで空が見える

小路となっています。お洒落!

     

     

     

友人とランチです。スペイン料理の「Paradorina」です。

     

     

若鶏のグリル、ミニグラタン、パエリア、サラダつきのプレートセットを頼みました。

およそ1000円(税込みなのでリーズナブル、お安いですよ。

追加でドリンクも110円でプラスできます。

テーブル席数も多く、めずらしいスペイン風の店内のデザインがウレシイです。

さてそれからは、某家電販売店へGO!SONYのWALKMANがipodタイプで

リニューアル!薄型ハイビジョンTVがなんと店頭でタイムセール!

CDコンポもiphoneや、ipodとUSB接続できると知ってカセット世代

育ちのワタシはもうその用がない世代交代なのだと知らされました。(恥)

これはカルチャーショックでしたね、さすが新宿、グレード高く目新しいものを

揃えていて、中古や従来のものに慣れていたものにとって「新しくグレードアップした

家電はヒトを幸せにする」のだな~、としばしカンドー。

何かしばらくパンフから考えてみよう、と帰路につきました。



人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking

山下公園散歩

今日は冬のとってもいい天気。お日和もよいので乗っていたバスを降りて、

散歩してみました。バス停は「マリンタワー」の次、「山下公園」です。

         

公園の入り口は冬らしいこんな風景です。名物のいちょうの木もこんな感じ

で枯れています。

         

それでは、寒空の公園内を歩きながら・・・。

       

これは「氷川丸」でございます。平日の昼なので散歩する人もまばらです。
  
       

「カモメ」さんも寒空に負けず、たくさんいました。(会えて満足。)

遠くに「東京スカイツリー」(江東区)が見えるよ、と自転車のおじさんが

ワタシ達通行人にいちいち教えてくれます。なるほどなんとなくグレーの塔が

小さくみえました。

         

         

いったん公園を出ると辺りの海には係留されているボートがたくさん。

なかには、神奈川県警の警備艇もあります。

          

北方面に歩いていくと、大桟橋の脇に「象の鼻パーク」があります。

この写真は、「象の鼻テラス」の案内です。海が見える喫茶店ですね。

          

         

これは公園出口付近の案内板です。ここら辺は観光地なので市内至る所に

こんな案内やインフォメーションがたくさんあって親切です。

         

そして「山下臨港線プロムナード」標識があり、ちょっとした遊歩道が始まります。

         

         

プロムナードは散歩にぴったり。ここ辺りは「横浜税関」の横を通り、

「赤レンガ倉庫」方面へ向かいます。スケートリンクもあって、

小さいお子さん達が倉庫を眺めながら脇で滑っていました。

         

歩いて10分程度で、もうみなとみらい地区です。ここからワールドポータース

という大型ショッピングモールに入ります。Let’s Go!

         
         
先にこのブログで紹介しました「天野喜孝来場展」に行って参りました。

          
        
作品テーマは漆黒の闇のなか、中世フランスのSFギャラクシー空間。

出現するのは「悪魔」や「モンスター」、「幽閉されたお姫様」など・・・。

イマを代表する若者の宇宙観にショーゲキを受けました。

ほぼ20~30代の若い人が、来場されていました。

やはり、デートコースでしょうか。

         

         

・・・ワールドポータースを出ると外はすっかりみなとみらいの夕景でした。

よく歩いた一日でございました。こちらにいらしたら、散歩や写真によいですよ。

ZOOM機能のあるデジカメを都合で持てなかったのが残念でした。


■こちらは、1/18付け、エッセイ「156位」、日記「637位」です。
人気ブログランキングへ

いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
■1/18付け、40代「70位」、神奈川「21位」です。

   

初詣で

今年の初詣です。鎌倉「鶴ヶ岡八幡宮」です。
  
      

「若宮大路」に到着したら二の鳥居から始まる「段葛」という石通りを

選んで歩きます。道の両側はスポンサーの堤燈があります。すでに

お参りの人で道は混みあっていました。

                

        


八幡宮の入り口に到着。「源平池」が左右にあって太鼓橋があります。

        

        

参道は、三が日ほどは混んでいませんでした。ロープで仕切られることなく

歩けました。

        


朝、10時からちょうど「除魔神事」が始まりました。

祭事なので「舞殿」の前で神妙にお祈りしています。この行事は・・・

“1月5日午前10時より祭儀が執行された後、その西側で装束に身を包んだ射手が大的を射る神事「除魔神事」が行われます。源頼朝公は幕府において「御的始」「御弓始」と称する武家の事始を行いました。弓矢には古来より魔を退ける力があるとされ、弓矢を以って除魔の神事を行うのは武家にとどまるものではありません。なお当宮の「破魔矢」もこのような信仰と伝統に基づくものです。” ・・・というものです。

        

上の写真は「舞殿」です。魔除け神事が執り行なわれています。

長い大石段を登り、「本宮」に到着しました。

今年はお賽銭に5円玉を添えて良縁が恵まれるように手を合わせました。

“家族と自分の健康と安全と福よ来い・・・”ちょっと欲張り?でしたね。

おみくじは「鳩みくじ」で鶴ヶ岡らしい鳩さんがついています。

「吉」とでました。“願い事は自然と叶っている”とあってひとまず安心。

後ろの女の子達は「大吉!」とはしゃいでいて新春から縁起がいい様子ですね。

        

        

        

ここ八幡宮の由緒については、帰りがけにとった上の写真では

読みにくいので、以下をご参考にしてください。

“・・・源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年(1180)鎌倉に入るや直ちに神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地にお遷しし、 建久2年(1191)には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心としました。 また、頼朝公は流鏑馬や相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる社頭での神事や行事を興し、 関東の総鎮守として当宮に厚い崇敬の誠を寄せたのです。 以降、当宮は武家の精神のよりどころとなり、国家鎮護の神としての信仰は全国に広まりました。 当宮への信仰を背景に鎌倉を中心として興った質実剛健の気風は、その後「武士道」に代表される日本人の精神性の基調となりました。 ”

ワタシは小学生の頃からここが地元の初詣なのでもう慣れっこです。

お天気がよく、たくさん歩いた1日でした。

いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
  
■こちらもポチッと押してね。
人気ブログランキングへ
                                

麻布十番稲荷神社  

          

          


先日、TVで麻布にはガマ池がある、という内容を追った番組がありました。

「麻布十番稲荷神社」と同じサイト内にガマ池の説明はありました。

ワタシは麻布にはでかけたことはありませんが、都心にガマガエルの

お守りの石像があるときいて、調べてみました。

≪参考資料≫
◆麻布十番稲荷神社 (東京都港区麻布十番1丁目4番6)

【地下鉄】(神社、地図:上の方)
地下鉄南北線「麻布十番駅」4番出口 徒歩5分
地下鉄大江戸線「麻布十番駅」7番出口 徒歩0分

◆十番稲荷神社は港区の七福神を乗せた縁起の良い宝船の神社。
    昔から伝えられる「かえるの御守」が有名です。





1)『がま池とは・・・』(地図:左下の方)  
麻布本村町35番地(現港区元麻布2丁目7番地9)にあります。備中成羽五千石(今の岡山県西部)の領主、山崎主税助治正の屋敷跡、明治維新の後、渡辺国武子爵の邸となり、池もその所有となりました。

2)『がま池の名の由来』  
文政4年(1821)7月2日の大火が山崎邸を焼かんとする折りしも邸内の古池から一匹の大がまが現れ、水を邸に吹きかけて猛火を退け山崎邸だけが火災よりまぬかれたのです。世の人々はこの奇端を感じて山崎家にお守り札を乞う者が後を絶ちませんでした。このお守り札が「上の字様(ジョウノジサマ)」と称され、江戸時代には芝赤羽橋の有馬邸から出された水天宮の御守と並び称されたものです。

3)戦後一時期中絶されていましたが、前宮司石井氏のとき、昭和50年8月より現代の「上の字様」、「かえるの御守」として復活し、火傷、防火の御守としてだけでなく「カエル」の語音から“若かえる、幸せかえる、財貨得る、家得る、落し物かえる、無事帰る、何でもかえる、・・・”等、広くそのご利益が信じられ、近年にはかえるの石像も奉納され多くの奉納を見るようになりました。
  

4)500坪もあったがま池は、昭和初期に半分埋め立てられ分譲され、戦後もマンションの建設でわずかに残されるのみとなっていました。ところが最近そのマンションのオーナーが建物を売却し新たに建て直されることになったようです。

5)新しいマンションではがま池は埋め立てられるのではと心配の声が上がっています。前のマンション工事のとき全部埋め立てられるところを反対運動をしてかろうじて池の面影を残したのは、近所の外国人たちの運動でした。私たち日本人は大きな資本に対してあきらめと無関心でいるのではないでしょうか。

・・・このように説明があります。確か番組内でも「がま池」を見下ろすマンションに居住中の外人さんが、案内していました。都心の土地を守るのにも現在外人さんが活躍しているそうです。

江戸時代の大火の震災の際山崎という殿様のお屋敷を火災から守った「がまがえる」
さんの伝説を大切にしたいです。

今でも夏の夜にはカエル達が「ゲコゲコ・・・」と大合唱しているのでしょうか。
ありがたい反面で実際は大変そうですね。

ただ、歴史のいわれが深いですしご近所の「麻布十番稲荷神社」と同様に、
港区の資産として残ってほしいと思います。はやりの高層?マンション建設
騒動に負けるな!とエールを送りたいのでございます。



いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。

■「人気ブログランキング」をはじめました。ポチッとお願いします!人気ブログランキングへ
 

横浜東口でランチ

           

本日は母の介護の用事で横浜へ。実家は金沢区ですから

京浜急行です。海の公園などがクルマで近いです。

ところで、せっかく横浜駅にでたのでランチをしました。

地下街「横浜ポルタ」は「横浜そごう」に続くショッピングモール

です。レストラン街には多くのお店が軒を並べています。

ワタシは「マイアミガーデン」というパスタ店を選びました。

(上記写真)

店内は4~5人連れのグループが2つ。昼の11AM過ぎで、

一人はワタシともう一人の会社員風の方だけで、ほどよい

お客の数でした。

ワタシは「あさりとねぎと大根おろしの和風パスタ」

を注文しました。

          

お味はというと・・・。

あさりにガーリックが効いた塩味のだし風味が上品です。

大根おろしがサッパリ感を引き立てています。

あまりおなかがすいていなかったので、

ボリュームは多くなくてまあまあ、ちょうどよく、

どちらかというと味重視です。

          


他にもメニューはいろいろ。ちなみにお店を紹介します。

お近くにこられたら参考にしてくださいね。

http://www.hotpepper.jp/strJ000017345/ 
  -----★ホットペッパーグルメ
       「マイアミガーデン 横浜ポルタ店」=11PM~23PM



いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
■「日記ブログランキング」12/15付け「40代」71位「神奈川」20位です。
  応援Thank you!


人気ブログランキングへ 
■「人気ブログランキング」12/16付け「エッセイ」200位「神奈川」107位
  です。(参加初日)。こちらもポチッとお願いします!
  

納涼会でした。

                                                        


8月の『納涼会』の様子です。場所は、上野「精養軒」


でした。一次会はおよそ15名。屋上のビアホール


会場でした。ワタシはまだ年上なのに参加回数が


浅いのですが、後輩さんなのに参加歴が多く先輩格


な方も多く、仕事の話をきいて参考にさせていただいたり、


フツーのギャグ??話しをしたりでした。


    


    


上記にアップした写真は「精養軒」屋上から撮影したモノ


です。「東天紅」が右手にあるのですが、ここでは不明です。


金色に光る社が不忍池・大黒天堂です。


やや蚊がいたきり、あとは夜風が心地よく、快適に会の


メンバーのお話も進みました。


ワタシも普段ひとり者で寂しいヤツだったので、いろいろな


方とご一緒ださせていただいて嬉しかったデス。


上記アップされている赤い飲み物は「すいかカクテル」です。


夏らしいですね!それにしても、このビアホールの店員さんは


片手に一度に3つのジョッキを抱え、なおかつサワーなどの


勝手な注文も全てテーブルまで届けてくれるのですから、


店内予約席すべてでかなりの労力がかかっているわけですね~。


また、幹事さん達も盛夏の仕事のかたわら、席順のセッティング


などホントにお疲れ様でした~。


実際、30代以降で活躍している社会人の男性女性でしたので、仕事や


趣味の話しもイキイキしてまた次回が楽しみというわけでございます。


一次会は21:00で終了し、二次会へ突入!!だったので、


ワタシも駅の近くまでご一緒して、遠方でしたのでお別れしました。


皆さん、朝から長い一日お疲れ様でした。次回参加のときを


楽しみにしております 


  いつもありがとう、左欄「ブログ・ランキング」の枠内をポチっと
   して「投票」を押してくださいね!



野球観戦20100705

                


『 サントリー・ザ・プレミアム・モルツ・ドリームマッチ2010 』


のチケットが手に入り、早速水道橋、後楽園の東京DOME


に5日の夕方から行って参りました。


試合は、一塁側「プレミアムモルツチーム」と三塁側「ジャパン


ヒーローズ」に分かれて、プロ野球界の往年のOBチームが


対抗試合をするというもの。見所はランディー・バース選手の


難しいフライのナイスキャッチや打撃。投手は桑田選手、


西崎選手、阿波野選手、定岡選手、そして江川選手など


次々とファンのために投手リレーを見せてくださいました。


村田兆ニ投手対石毛選手の一戦は今だ100キロを超える


剛速球をなんと石毛さんがツースリーのカウントから打ち返して


しまったのです。これにはDOME中が沸きかえりました。


       


ところで、今日は私の?回めの誕生日でした。こんな私のために


お祝いしてくださいました皆さんどうもありがとうございました。


とても思い出深い誕生日を迎えることができました。


今年も、ガンバルぞぉ~・・・!!


いつもありがとう、左欄「ブログ・ランキング」の枠内をポチっと
    して「投票」を押してくださいね!


母校を訪ねて

          


この6月最後の日曜日を利用して、吉祥寺にある母校を訪ねた。


ワタシの自宅から青葉台方面を抜け、東名高速に入り


東京ICで降りて世田谷の砧公園そばを通り、環八通りを走る。


高井戸付近から五日市街道に折れたらもう母校まで一直線だ。


往路は、総計1時間。今では横浜からとても近くなった。


         


エントランスを中に入ると新校舎があった。元の一号館の跡に


建てられたものである。


         


これは、井の頭公園内で、あじさいのある風景をパチリ。


ベンチに座るカップルや家族連れが多かった。


中には、アーティストの露天商が軒を並べていて、


ちょっとした、絵画やアクセサリーを広げていた。


「今度、横浜の赤レンガ倉庫跡地でも7/2~4に


フェアーを開催します、」と教えてくれて、


おもしろいアーティストさんだったので、気が合って


しばらくお話していた。


         


 本日は思いがけない掘り出し物のハンドメイドが


見つかりました。ワタシの誕生石はルビーで、


その単純な「赤い色」が少し気に入らなかったので


いいアート作品に出合えました。


  いつもありがとう、左欄「ブログ・ランキング」の枠内をポチっとして「投票」を押してくださいね!

七夕祭り

     


もうすぐ七夕です。七夕祭りといえば


ここ神奈川県では平塚での七夕が有名です。


      


ここ平塚では、元のダンナさんと、事情があって


置いてきてしまった、ワタシの一人息子が、


新しいお母さんをもらってがんばっています。


いつも、手紙などで、まず優先して応援しています。


      


やっぱり「日本の夏」ですもの、これくらい生き生き


「わっしょいわっしょい・・・!!」 


  ・・・新型インフルエンザは飛んでいけ!


  ・・・学級閉鎖も飛んでいけ!


この日ばかりは、街中で大応援でございます。


「ミス七夕姫」に比べるには年齢もルックスもイマイチですが、


なんの子供とお父さん達家族のため、この『七夕ウィーク』


はワタシ達お客さんにも「責任大」の一大お祭りDAYSなのです。


 


 いつもありがとう、左欄「ブログ・ランキング」の枠内をポチっと
   して「投票」を押してくださいね!

お出かけ(東京見物)。

   ◎東京神保町「岩波ホール」に映画を見に行く◎


           


   ● これは、「ニコライ堂」です。大きな建物でした。


           


   ● これは、お隣の「ハリストス正教会の立て札」です。


     日大理工学部の隣でもあります。


     わからない方は地図を見てください。


   こんなカンジで、いわゆる御茶ノ水、神保町辺りを散歩して


   参りました。いつもの『アルペン』などスキーの大型店や


   『ミズノ』というスポーツ店社屋など、多岐に渡る建物が


   ひしめいている街のたたずまいでした。お見事・・・。


   そして、「岩波ホール」で観た映画といえば、


   【パリ20区、僕たちのクラス】という、カンヌ国際映画祭


   パルムドール受賞作品でした。ドキュメンタリーを思わせる


   リアリティーさを感じました。子供はいつも正直ですよね。


 


 いつもありがとう、左欄「ブログランキング」の枠内をポチっとして「投票」を押してくださいね!

お出かけしました。( in 横浜)



スカイウォークへ行ってまいりました。横浜ベイブリッジの歩行者道です。

とても、いい天気で、爽やかな陽気でした。ここは、夕日もキレイです。

「みなとみらい21」や、山下公園方面、大黒ふ頭などよ~く見えました。

家族連れやお年寄り、カップルでにぎわっていました。



いつもありがとう、ポチっと
お願いします。 ↓↓↓


最新トラックバック

sidetitleプロフィールsidetitle

Kaorin♪

Author:Kaorin♪
「FC2ブログ」
はじめまして。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleやすらぎの名言sidetitle
sidetitle窓辺に花sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
音楽
9406位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1011位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle誕生日性格占いsidetitle





sidetitleぴあ映画生活sidetitle
sidetitle世界のお守りsidetitle
お守り
世界のお守りブログパーツ
sidetitlechibitsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。