スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大瀧詠一“さらばシベリア鉄道”

〔さらばシベリア鉄道/大瀧詠一〕


さらばシベリア鉄道 大滝詠一 歌詞情報 - goo 音楽

全国的にひどく寒い日が続きます。ワタシの家では、今月の

電気料金が前月の2倍になってしまいました。まだまだこれから2月なので、

気が重いです。この曲は、雪国に住む知人に応援ソングになるように

受け取ってもらえると嬉しいです。


〔幸せな結末/大瀧詠一〕
  

幸せな結末 大滝詠一 歌詞情報 - goo 音楽

この曲は、以前から心にひっかかっていた名曲です。

大滝さんつながりで、並べてみました。女性ならこんな歌詞の世界

男性からささやかれたら、女冥利ですが。(笑。)



■こちらをポチッとね!
人気ブログランキ  ングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
関連記事
スポンサーサイト

映画【デュー・デート】


今日は水曜日。レディース・デーを利用して映画を観ました。

       

場所は、新高島駅の「GENT YOKOHAMA」です。

作品は、コメディー映画【デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪の

アメリカ横断】にしました。

その前に・・・。

       

       

       

ここは、タイトーアミューズメントステーション「横濱はじめて物語」

です。クーポン割引があるので、早めの夕食です。

「オムライスセット」にしました。(スープ、コーヒー付き。)

       
      
そして、お時間が来ましたので「109CINEMAS MM 横浜」へ。

今晩は、お客さんは女性ばかりです。

       

この作品は、ベビー誕生を5日前に控えたピーター(ロバート・ダウニーJr.)と、

役者の卵イーサン(ザック・ガリフィアナキス)がトラブル連続の全米横断の旅を

繰り広げるロードムービーです。ストーリーは・・・

“仕事先のアトランタからあわててロス行きの飛行機に飛び乗った彼だが、
 たまたま出くわした俳優志望のイーサンのせいで搭乗拒否に遭い、車で
 向かうハメに。だが、彼は次々とトラブルを引き寄せる最悪の疫病神で…。
 一文無しのふたりによる3,200kmの破天荒な旅を描いた笑撃のロードムービー。”

という、全く気の合わない二人のカナシイまでの珍道中です。(笑。)

コメディーあり、スリルあり、怪我と激怒シーンなどで、生のアメリカンライフが

なかなか壮絶に描かれています。(合掌。)イマ風のアメリカ社会の世情といっても、

並外れたおバカキャラや極道のギンギンの黒人さんなど、これじゃあんまりだ!

悩み多き白人社会がかわいそう。

ドライブシーンはヘリでの空撮やグランド・キャニオンロケがあったり、

意外と予算がかかっています。


 監督:トッド・フィリップス
     出演:ロバート・ダウニー・Jr. 
        ザック・ガリフィアナキス 
        ジュリエット・ルイス  
        ミシェル・モナハン  


http://wwws.warnerbros.co.jp/duedate/index.html
              ・・・作品詳細URL

       

       

上映が終わって、これから帰宅しま~す!



人気ブログランキングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。


関連記事

ウィリアム・モリス美術

      
        『ケルムスコット・ハウス、モリス邸』


「生活と芸術-アーツ&クラフツ展」は2009年1/24~4/5まで

東京都美術館で開催されていました。(場所:上野公園)ワタシも美術館に

訪問しました。もう2年前になります。繰り返される壁紙の模様やイングリッシュ

ガーデン風にあしらわれた庭園、インテリア家具のコーディネートなど、

中世のヨーロピアンの上品な暮らしがイメージできてとても憧れます。

          

      


≪参考~アーツ・アンド・クラフツ(Arts and Crafts Movement)≫

ウィリアム・モリス(William Morris, 1834年~1896年)は、
 19世紀イギリスの詩人、デザイナー、「モダンデザインの父」と呼ばれる。

●ヴィクトリア朝のイギリスでは産業革命の成果により工場で大量生産された商品が
 あふれるようになった。反面、かつての職人はプロレタリアートになり、
 労働の喜びや手仕事の美しさも失われてしまった。
 モリスは中世に憧れて、モリス商会を設立し、インテリア製品や美しい書籍を
 作り出した(植物の模様の壁紙やステンドグラスが有名)。
 そして、これら自然や伝統から美を再発見した。19世紀後半イギリスで興った、
 生活と芸術を一致させようとするモリスのデザイン思想とその実践
 (アーツ・アンド・クラフツ運動)は各国に大きな影響
 を与え、20世紀のモダンデザインの源流にもなったといわれる。
 モリスが主導したデザイン運動(アーツ・アンド・クラフツ運動で ある。

      
        『タペストリー』

      
        『代表作/いちご泥棒』

モリス商会の壁紙
 ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、
 しかし粗悪な商品があふれていた。モリスはこうした状況を批判して、
 中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一することを主張した。
 モリス商会を設立し、装飾された書籍(ケルムスコット・プレス)
 やインテリア製品(壁紙や家具、ステンドグラス)などを製作した。
 これら作品より「用の美」を見出した民芸の美意識に出合える。


      
        『壁紙アート作品シリーズより』

      
        『同/ひなぎく』
     
      
        『インテリア家具』 
 
      
        『インテリア家具』 

それでも当時は、こんな暮らしの提案は贅沢で庶民には手が届かなかったそうです。

しかし、21世紀のイマでもこのモダンアートは生活に影響を与え続けているのですね。

(装飾アートで有名なロンドン、ヴィクトリア&アルバート美術館との

共同企画の美術展でした。)

ワタシは日本人ですが、やはり生活の中の芸術って女性にとっての憧れです。



■ぽちっとヨロシク!
人気ブログランキ ングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
関連記事

山下公園散歩

今日は冬のとってもいい天気。お日和もよいので乗っていたバスを降りて、

散歩してみました。バス停は「マリンタワー」の次、「山下公園」です。

         

公園の入り口は冬らしいこんな風景です。名物のいちょうの木もこんな感じ

で枯れています。

         

それでは、寒空の公園内を歩きながら・・・。

       

これは「氷川丸」でございます。平日の昼なので散歩する人もまばらです。
  
       

「カモメ」さんも寒空に負けず、たくさんいました。(会えて満足。)

遠くに「東京スカイツリー」(江東区)が見えるよ、と自転車のおじさんが

ワタシ達通行人にいちいち教えてくれます。なるほどなんとなくグレーの塔が

小さくみえました。

         

         

いったん公園を出ると辺りの海には係留されているボートがたくさん。

なかには、神奈川県警の警備艇もあります。

          

北方面に歩いていくと、大桟橋の脇に「象の鼻パーク」があります。

この写真は、「象の鼻テラス」の案内です。海が見える喫茶店ですね。

          

         

これは公園出口付近の案内板です。ここら辺は観光地なので市内至る所に

こんな案内やインフォメーションがたくさんあって親切です。

         

そして「山下臨港線プロムナード」標識があり、ちょっとした遊歩道が始まります。

         

         

プロムナードは散歩にぴったり。ここ辺りは「横浜税関」の横を通り、

「赤レンガ倉庫」方面へ向かいます。スケートリンクもあって、

小さいお子さん達が倉庫を眺めながら脇で滑っていました。

         

歩いて10分程度で、もうみなとみらい地区です。ここからワールドポータース

という大型ショッピングモールに入ります。Let’s Go!

         
         
先にこのブログで紹介しました「天野喜孝来場展」に行って参りました。

          
        
作品テーマは漆黒の闇のなか、中世フランスのSFギャラクシー空間。

出現するのは「悪魔」や「モンスター」、「幽閉されたお姫様」など・・・。

イマを代表する若者の宇宙観にショーゲキを受けました。

ほぼ20~30代の若い人が、来場されていました。

やはり、デートコースでしょうか。

         

         

・・・ワールドポータースを出ると外はすっかりみなとみらいの夕景でした。

よく歩いた一日でございました。こちらにいらしたら、散歩や写真によいですよ。

ZOOM機能のあるデジカメを都合で持てなかったのが残念でした。


■こちらは、1/18付け、エッセイ「156位」、日記「637位」です。
人気ブログランキングへ

いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
■1/18付け、40代「70位」、神奈川「21位」です。

   
関連記事

“Thousand Knives”

〔Thousand Knives/坂本龍一〕


坂本龍一氏の2010年の北米ツアーの様子です。

2台のピアノ(コンピューターでの自動演奏とともに。)

を連弾するスタイルを維持して、最近はU-STREAMでも

韓国での公開実験演奏会を敢行されました。(2011年1月)。

映画音楽「メリークリスマス・ミスターローレンス」、

「シェルタリングスカイ」等からのサントラ曲も聴き所で、

特に1月の雪深い季節にしんみりと聴きほれてしまいます。

この「千のナイフ」はワタシにとって学生時代の大切な思い出に

リンクします。中学や高校への進学や大学受験、オンボロな校舎

での割りに合わない詰め込み教育・・・。「受験戦争」の世代にとって

日本史、世界史、化学記号の暗記、点のとれない物理。

思い出すと冷や汗モノです。ただ、卒業できてヨカッタ、と

これじゃ全くその世界から逃げ出しただけのようなモンです。

ところで、今年は受験の季節が全国で大雪な状態が心配ですが、

無事に試験時期が終了し、卒業できますように。

普段、OBとして余りお役に立てませんが、この時期だけでも

なんとか、「受験世代」の生き残りとしてエールを送りたい

のでした。"未知の世界を生き抜く"事が若者の特権です、

自信をもってがんばってくださいね。



人気ブログランキ  ングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
関連記事

“ リズム”

〔UA/リズム〕


   


この曲「リズム」は、UAがリリースした5枚目のシングル作品です。

もう15年前なんて考えられないほどフレッシュです。

忙しくないお休みの日の朝にいろいろな曲を聴いて浸って

いる時間はとってもシアワセ~でございます。


ちなみに、彼女は・・・

“95年、シングル「HORIZON」でデビュー。96年に
「情熱」が大ブレイクし、その後も「リズム」「悲しみジョニー」
「歪んだ太陽」……などヒット曲を連発しました。
ジャニス・ジョップリンやアレサ・フランクリンなどに影響を受けた
という彼女の黒っぽいヴォーカリゼーションが、敏腕プロデューサー
の作るソウルやR&Bを内包した曲達のなかで、時に優しく、
時に激しく響きます。また、ブラック・ミュージックのみならず、
ドラムンベースやダブといったアグレッシヴなスタイルから
フォーキー・サウンドまで、彼女の鋭いセンスによるものです。
---スワヒリ語で「花」と「殺す」という意味をもつ「UA」。
彼女の中にも、明快な部分と野生な部分が同時に息づいているようです。”

・・・とコメントがあるので参考に。

彼女は昨年、相模原にあるご実家が火事で全焼してしまった報道が

ありました。今後の活動を期待しているファンなので心配です。

再び横浜でのコンサートの再開を願っています。

リズム UA 歌詞情報 - goo 音楽リズ
ム UA 歌詞情報 - goo 音楽



■こちらをよろしく!
人気ブログランキ  ングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
関連記事

絵本「つみきのいえ」

            
               ≪絵本より≫
    
            
              ≪モナコ風景≫


絵本「つみきのいえ」絵・加藤久仁生、文・平田研也著です。

この原作のアニメは第81回アカデミー賞「短編アニメーション賞」

を受賞しました。(2009年)そのときにこの絵本があることを知ったワタシは

早速購入しました。  あらすじは・・・

「ひとりのおじいさんが うみのうえにある かわったいえに すんでいました。

どうして こんないえに すんでいるのでしょう。」

から始まります。「このまちでは うみのみずが だんだん うえに

あがってきてしまうのです。」・・・つまり海面がどんどんあがってくるので

水没してはつくり、水没してはつくり・・・を繰り返して

まるで「積み木」のような家は、家を上へ上へと建て増し続けてきたのです。

そんないえに住む、このおじいさんの回顧録は続きます。

舞台は地中海沿岸のイタリアのような仮想の国です。

           ◆・◇

「ほとんどの建物が水没した土地で暮らしているのだが

ある日落とし物を探しに海に潜ると・・・。」

           ◆・◇

おじいさんは3年前に死んだおばあさんを思い出すこともあります。

幼い頃からこの家に暮らし、年頃になっておばあさんと結婚し、

子供に恵まれ、やがて結婚して巣立つまでの思い出を語り始めます。

これら、家族に残された一人ぼっちのおじいさんは、

ポンコツなこの家に住み続けることを止めず、

生活しつづける日々を送っています。 ・・・

この絵本の作風は、幻想的な水彩タッチのグラデーションが

ロマンティックで美しいです。ヨーロピアンな上品さがあって

日本人離れした世界の人にも親しまれる暖かい画風です。

また、これらの時代をほのぼのとした時間が流れていて

思い出に囲まれたこのおじいさんがカワイク見えてきます。


          
           ◆・◇

第81回 米国アカデミー賞/短編アニメーション部門受賞
2008年6月 フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタル賞(最高賞)
         こども審査ダブル受賞
2008年 広島国際アニメーションフェスティバル・ヒロシマ賞受賞
2008年 第12回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞受賞 など。
世界中の映画祭で20冠に輝いた短編アニメーション「つみきのいえ」を、
作者、加藤久仁生(監督)、平田研也(脚本)の二人が絵本として
描きおろしたものです。

          
           ◆・◇

●加藤久仁夫(絵) ・・・ 1977年鹿児島生まれ。多摩美グラフィックアート
              デザイン科出身。
              2001年株式会社ロボット入社。TV、Webなどで
               様々なアニメを手がけている。

●平田研也(文)  ・・・ 1972年奈良県出まれ。1995年ロボット入社。
              ドラマ、映画、ショートムービー製作で活躍。

ロボットはTV番組「世界遺産」のオープニングアニメの製作で有名です。

           ◆・◇

この製作会社の作品で「ストレイシープ」なんて羊のキャラクターもありました。

       
         ≪参考/ストレイシープ≫

http://www.fujitv.co.jp/straysheep/profile/index2.html・・・ストレイシープについて  

           ◆・◇

それでは、作品のご紹介をUPしておきます。

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=23136 ・・・「作品紹介」


 

■こちらをヨロシク!
人気ブログランキングへ

いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。

関連記事

“クリスタルラブ”

〔クリスタルラブ/小曽根 真〕



この曲は、小曽根真さんの最初のアルバム「Ozone」に収められた作品です。

小曽根さんのピアノとゲーリー・バートン氏のヴィブラフォ­ンが

とても美しい透明感のある完成度の高い仕上がりです。

≪参考/CD≫
           

小曽根さんのプロフィールです(かなり略式です)・・・


◆1961年神戸市生まれ。1961年生まれ。日本の代表的なジャズピアニスト。
◆1980年に渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。
◆1983年バークリー音楽大学のジャズ作・編曲科を首席で卒業。

このあと、演奏家、舞台演劇の作曲でもめざましい活躍をとげ、

年越しの「東急ジルベスターコンサート」の晴れ舞台で堂々と出演

なさったので、もはやほとんどの方がご存知ですね!

以前、この方の名演奏をラジオで知った時は思わず友人に、

「すごいジャズピアニストがいるよ!」とメールして教えたくらい

その斬新で稀なセンスを持ち、とにかく今まで日本のジャズピアノ界に

なかった新風を起こした方でした。

また、ワタシの持っているCDは「Treasure」です。

このアルバムは・・・

“小曽根氏10作目、デビュー20周年にちなんだ本作は、個人的に小曽根と関わり
の深いミュージシャンをゲストに迎えたスペシャル企画盤。特別ゲストとして
参加しているのは、チック・コリア、恩師ゲイリー・バートン、ジョン・ヘンド
リックス、マイケル・ブレッカーの4人という豪華な企画”です。

ジャズ界の巨匠、チック・コリアファンのワタシはこの作品から入門しました。

≪参考/CD≫
           

新旧、偉大なミュージシャンの名盤に囲まれて、今年もジャズはやめられませ~ん!



■こちらをポチッとね!
人気ブログランキングへ


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。

関連記事

“The Days of Wine and Roses”

〔Henry Mancini/The Days of Wine and Roses〕


偉大なるヘンリー・マンシーニさんの映画音楽は大好きなものばかりです。

「ロミオとジュリエット」、「ひまわりのテーマ」(←ソフィア・ローレン様が

お美しい。哀愁のストーリーも素敵で忘れがたい!)等など・・・。

ここでは地味ながら名曲の「酒とバラの日々」を聴きたいです。

アレンジがとても上品でエレガントです。

また、オーケストラを演奏される方にPOPSでぜひ加えたい、そして

自分たちで演奏しても楽しい曲でしょう。全体の構成がハイ・クオリティーで

各演奏パートが美しいメロディーで流れています。

〔Fly me to the moon/Frank Sinatra〕


心のこもった歌詞もイイかんじ!さすがフランク・シナトラ様、度量が広い!

永遠のビッグスターは、新春の華やかさにピッタリです。

〔Henry Mancini/NBC Mystery Movie〕


これは、ちょっとイジワルなおまけ。「刑事コロンボ」のテーマです。

『おっと奥さん忘れてた、とは言わせませんよ。事件の匂いがなぜか

消えないものでね?』・・・てな風にコロンボ刑事の活躍するドラマが

毎回続くのでした。ワタシも子供ごころに「これって、な~に?」と

親に聞いていましたよ。(子供はいつも純心ですから。)

こんな所でもヘンリー・マンシーニさんが活躍していたんですね。

それにしても、当時の映画や音楽のサントラ版って完璧無比、

泣く子も黙る、名曲ぞろいですね。民間のオーケストラの演奏でも

POPSとして存続して楽しい演奏会を創っていただきたいです。



いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。


■こちらもポチッとね!
人気ブログランキングへ

関連記事

“最後のニュース”

〔最後のニュース/井上陽水〕


この曲は某ニュース番組のエンディングテーマ曲であったので、

有名です。歌詞がとても気に入っています。

そしてこのPVの写真は我らが横浜、みなとみらいのランドマーク

でございます。(偶然!)ここの展望台は見晴らしよいです。

そして誰にとっても「お正月」休みは、これまでの人生を振り返り、

新たな目標を探す私的な時間でもあることでしょう。

ワタシは昨年父をガンで亡くし、今年の松の内は母と二人でした。

母は高齢者で病気で体が痛いと言います。時には「お父さんが迎えに来るのよ、」

なんて夢うつつな勝手を言って困らせます。

ワタシは「四十代は働き盛り」と父に最後に言われたこともあり、

今年は自分のための仕事と母の面倒の板ばさみになりそうです。

ストレスに負けない強さを忘れないでいたいです。

≪参考≫右クリックで「新しいタブで開く」でメロディーとともに
        お楽しみください。

http://www.kasi-time.com/item-7591.html ・・・“最後のニュース” 歌詞


いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。


■こちらもポチッとね!
人気ブログランキ  ングへ

関連記事

初詣で

今年の初詣です。鎌倉「鶴ヶ岡八幡宮」です。
  
      

「若宮大路」に到着したら二の鳥居から始まる「段葛」という石通りを

選んで歩きます。道の両側はスポンサーの堤燈があります。すでに

お参りの人で道は混みあっていました。

                

        


八幡宮の入り口に到着。「源平池」が左右にあって太鼓橋があります。

        

        

参道は、三が日ほどは混んでいませんでした。ロープで仕切られることなく

歩けました。

        


朝、10時からちょうど「除魔神事」が始まりました。

祭事なので「舞殿」の前で神妙にお祈りしています。この行事は・・・

“1月5日午前10時より祭儀が執行された後、その西側で装束に身を包んだ射手が大的を射る神事「除魔神事」が行われます。源頼朝公は幕府において「御的始」「御弓始」と称する武家の事始を行いました。弓矢には古来より魔を退ける力があるとされ、弓矢を以って除魔の神事を行うのは武家にとどまるものではありません。なお当宮の「破魔矢」もこのような信仰と伝統に基づくものです。” ・・・というものです。

        

上の写真は「舞殿」です。魔除け神事が執り行なわれています。

長い大石段を登り、「本宮」に到着しました。

今年はお賽銭に5円玉を添えて良縁が恵まれるように手を合わせました。

“家族と自分の健康と安全と福よ来い・・・”ちょっと欲張り?でしたね。

おみくじは「鳩みくじ」で鶴ヶ岡らしい鳩さんがついています。

「吉」とでました。“願い事は自然と叶っている”とあってひとまず安心。

後ろの女の子達は「大吉!」とはしゃいでいて新春から縁起がいい様子ですね。

        

        

        

ここ八幡宮の由緒については、帰りがけにとった上の写真では

読みにくいので、以下をご参考にしてください。

“・・・源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年(1180)鎌倉に入るや直ちに神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地にお遷しし、 建久2年(1191)には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心としました。 また、頼朝公は流鏑馬や相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる社頭での神事や行事を興し、 関東の総鎮守として当宮に厚い崇敬の誠を寄せたのです。 以降、当宮は武家の精神のよりどころとなり、国家鎮護の神としての信仰は全国に広まりました。 当宮への信仰を背景に鎌倉を中心として興った質実剛健の気風は、その後「武士道」に代表される日本人の精神性の基調となりました。 ”

ワタシは小学生の頃からここが地元の初詣なのでもう慣れっこです。

お天気がよく、たくさん歩いた1日でした。

いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。
  
■こちらもポチッと押してね。
人気ブログランキングへ
                                
関連記事

“ Behind the Mask”

〔Yellow Magic Orchestra /Behind the Mask〕


この曲は、YMOのアルバム“ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー”

に収録されています。リリースは1979年、とあるので2011年から

30年以上も遡ります。“単純なロックのコード進行(F-D♭-E♭-Cm)

を繰り返している”曲です。フュージョンやオリエンタル・ディスコ

ミュージックの要素よりニュー・ウェイヴ色が強くなっています。

このアルバムでは(LPでしたね。)パンク的要素を取り入れた曲は

「デジタル・パンク」とメンバーは呼んでいたそうです。

YMOは・・・

 ・坂本龍一 / キーボード、ヴォイス
 ・高橋ユキヒロ / ドラムス、ヴォーカル
 ・細野晴臣 / ベース、キーボード、ヴォイス   

というおなじみの編成です。解散してしまった当時は随分騒がれました。

YMO時代は矢野顕子さん等ともツアーを共にしています。

同時代人のワタシ達には懐かしいヒット作ばかりで嬉しいですね。

(もう、トシがバレちゃうな~。)

http://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA042686/AAA160866/  
・・・・・・“BEHIND THE MASK”/歌詞
           (新しいタブで開いて、曲と一緒にお楽しみください。)




いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。


こちらもポチッとね。
人気ブログランキ  ングへ
関連記事

お正月



2011年 1月元旦

本年も皆様にとって幸せな年になりますように。

よろしくお願いいたします。




お正月ですので、実家で母とおせち料理をごちそうになりました。

二人きりでしたが、ゆっくり過ごせました。

もう、何回一緒に正月を迎えられるかわかりません。

母は料理の味より、体が痛い、と嘆いています。

今日は街まで出ました。JR横浜駅は元旦でも混雑していました。

明日は、初売りなので何か福袋でも選ぼうかな、と思います。



写真は西口「シェラトンホテル」の夕景です。17時頃でも暗いですね。

帰ってからおせちと雑煮でございます。



いつもありがとう、ポチっとして「投票」を押してね。



■ ついでにこちらもよろしく!
人気ブログランキングへ


関連記事

最新トラックバック

sidetitleプロフィールsidetitle

Kaorin♪

Author:Kaorin♪
「FC2ブログ」
はじめまして。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleやすらぎの名言sidetitle
sidetitle窓辺に花sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
音楽
4835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
501位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle誕生日性格占いsidetitle





sidetitleぴあ映画生活sidetitle
sidetitle世界のお守りsidetitle
お守り
世界のお守りブログパーツ
sidetitlechibitsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。