スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対性理論

〔相対性理論/ミス・パラレルワールド〕


ミス・パラレルワールド 相対性理論 歌詞情報 - goo 音楽

昔からこういう歌作りをしてきたヒト達がいて、細野晴臣さん(はっぴーえんど)、

高橋幸宏さん(サディスティック・ミカバンド)、サイケデリックやハウスなノリで

聴く人を圧倒的に飲み込んでしまうのですね。ワタシだったら小泉今日子さんに

楽曲を提供していた近田春男とカリヲビンなんて応援していました。(当時のハウス系

でした。)それにしても、いつでも大学生や高校生独特の天性の自由を謳歌できるのっ

素晴らしい。それはそれでもう「楽園」であり「天国」であるはずの約束があるわけです

から・・・。(親はやはり心配。)


〔相対性理論/気になるあの娘〕


気になるあの娘 相対性理論 歌詞情報 - goo 音楽


この「相対性理論」を聴いた時、矢野顕子さんの「春咲小紅」を初めて聴いた時の

カンドーを思い出しました。春風とともにやってきた、かわいい女の子、という印象

がヒットしました。矢野さんはイエローマジック・・・と一緒に一躍、世界に名だたる

日本代表のスターダムにのしあがったアーティストです。その辺インディーズ、

オルタナティブロック界に存在しているこのbandはどんな意識をもっている

のかな。でも、どことなく東京に上京した子供たちみたいで初々しくてカワイイです。


≪CD/シンクロニシティーン≫

相対性理論 - goo 音楽


         


     
人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking
関連記事
スポンサーサイト

“あした僕は”

〔あした僕は/タテタカコ〕



     

     


「スケアクロウマン」は、2008年7月から12月まで放送された、東京ムービーで初めて

フル3DCGで作られた作品です。(ハイビジョン制作。)TVではTOKYO MXでオンエア

されていましたが、ワタシは神奈川のtvkで拝聴していました。確か毎週土曜 7時30分

からスタートの番組でした。『scarecrow』とは、『ぼろぼろの、みすぼらしい格好

の、』という意味ですが、この主人公は20年間も畑に置かれっ放しの案山子さんです。

まるで『オズの魔法使い』のように仲間と知恵を出しあって、助け合って冒険を続ける

ファンタジーアニメの内容となっています。それでは、この作品の紹介をします。

     

≪スケアクロウマン≫

■あらすじ・・・

“麦畑に20年間立ち続けたかかしのスケアクロウマン。ところがおじいさんが、新しい
かかしを取り付け、抜かれたスケアクロウマンはごみが集まる納屋に置かれてしまう。
嵐が発生し雷のエネルギーによってスケアクロウマンが人間のように動けるようになる。
彼は納屋の少し先にある丘の上の小屋を修理し仕事場にし、納屋においてある壊れた物を直す
仕事を始めた。

ある日、スケアクロウマンが納屋にいくと、犬の人形のロンをなくしてしまったアリスと
母親のグレイスがいた。夜まで探しても見つからず2人は帰ってしまう。その後スケアクロウマンが
偶然発見しロンを直し納屋にそっと置いておく。翌日また探しに来たアリスとグレイスはロンを見つけ
大喜び。それが縁でグレイスのお店で作品を売りながら生活するスケアクロウマンに、様々なストーリーが
展開していく。”


■登場人物

スケアクロウマン・・・ 非常にマイペースで純朴かつ温厚な性格。手先が器用で独創的な才能を持ち、壊れた物を修理する事が自分の使命だと思っている。修理の他に、発明も得意。

ミスターベスト・・・ 廃品回収に捨てられていた陶器人形。元は美形な顔だったが、子供のせいで頭を紛失、スケアクロウマンによってロボットの頭を取り付けられた事に嘆いている。それで子供が苦手?

ベアベア・・・ つぎはぎだらけのクマの人形。ボロボロになってしまったので、それぞれの無事な部分をスケアクロウマンがつなぎあわせた。真面目で正義感が強い。

ホーンヘッド・・・ 金属製のロボット系おもちゃ。赤ちゃんなのであまり話せないが怪力。動作もちょこまかしていて微笑ましい。好奇心旺盛な性格。音楽が得意。驚くと、耳の穴(トランペット状の形)から高出力の空気が出るようだ。腕は鉄製のマジックハンドで、3mまで伸びる。  
         
 (人間)
アリス ・・・ 母親のお店やスケアクロウマンの壊れ物集めの手伝いをしている5歳の少女。明るい性格。彼と大の仲良し。

グレイス・・・ アリスの母親。28歳。
女手1つで娘を育てた。『スケアクロウズ・ショップ』という日用品を扱う雑貨店を経営している。彼に店で働いてもらう事になる。善良な性格。高校時代はバンドを組んでいた。

ジム・・・ お店の常連で理髪店の主人。飛行機の模型が好きでよく買いに来る。

おじいさん・・・ 麦畑で農作業をする年配の男性。スケアクロウマンとは20年来の付き合い。スケアクロウマンの服はパンク好きのおじいさんの息子が着ていたもの。70年代のパンクファッションらしい。

・・・他。


■スタッフ

原作 / 中野シロウ(play set products)
キャラクター原案 / 中野シロウ、中原正博
監督 / 竹内啓雄
音響監督 / なかのとおる
制作 / 東京ムービー
製作 / VAP、トムス・エンタテインメント


■主題歌

★オープニング「Halo Glow/ハロウグロウ」
 作詞・作曲・歌 / 堂島孝平(VAP)

エンディング「あした、僕は」
 作詞・作曲・歌 / タテタカコ(VAP)



・・・この作品はこのように構成されています。

ところでワタシは2009年12月に「自由が丘スイート・フォレスト」

という、ケーキ屋さんのマーケット店で行われたクリスマスイベントに

お出かけしました。その時にオマケでマグカップをゲット!しました。

(まだ、もったいなくて未使用です。)

      ←コレでございます。


ところで、このストーリーは登場人物も英語の名前だし、日本が舞台というより

フランスの片田舎のとある街みたいです。奇妙な不思議感覚が人気の決め手ですね。

ワタシは出来損ないのお人形のベアベアやロボットっぽいホーンヘッドが可愛くて

好きです。(磯野タラちゃんの声に似てるけど別人でした。)

この作品のファンなのでまた番組の続編がスタートしないかな、と密かに期待している

のですがさてどうでしょうか。


人気ブログランキング  へ      日記@BlogRanking
関連記事

Yumingコンサート0622

憧れのYumingの神奈川県民ホールコンサートに行って参りました!

当日の天気は晴れ、とても暑い日でした。もう梅雨が明けるかと勘違い

するくらい夏らしい日でした。ワタシも久しぶりにお出かけなので

まず近所のお散歩から。

   

ここは会場近くの「横浜海岸教会」です。横浜らしい海沿いの

雰囲気ありますね。もう、そばに山下公園があります。

   

   

   

そして歩いていくと市バス「赤い靴」号に出合いました。

   

まだ時間があるので、見つけたコーヒーショップで早めに夕食。

目の前のピラミッド型オブジェの向こうは山下公園ですよ。

   

・・・それでは、いざ会場へ!

   

  

今年のツアーパンフはこんな感じです。「ROAD SHOW」という

タイトルなだけに、昔のシネマの世界を意識されたつくりになっています。

舞台はデートリッヒ、モンローを思い起こさせるモノクロトーンから始まりました。

曲リストは新アルバム「ROAD SHOW」からの新曲は、全体に散りばめてあって、

新旧織り混ぜた構成になっていました。「次はどんな曲!?」という期待感が

あっていいですね。このパンフのフォトグラファーはLeslie Kee氏ですが、

ユーミンは今回オリエンタル意識も出しています。2007年NHK紅白歌合戦に

出演したように日本の着物を衣装にしていました。

また、SF映画より発想を得た曲構成、舞台セット、度肝を抜く(?)衣装

の展開なんかもお楽しみです。(注:それは秘密です。(^_^))

このツアーのメンバーは、今回少し入れ替えがあります。ギターがもう1人増え、

ベース、ドラム、他若いメンバーに変更あるのでチケットを持ってらっしゃる

全国の皆さん、ネタばれなしにゼヒご自分でチェックし、観覧をお楽しみください。

・・・全20曲ほどを歌いこなし、アンコールもボリュームたっぷりだったYuming様。

とてもベテランなのに、華麗でお洒落なステージでファンはまったく安心しました。

また、3.11の震災時のエピソードを取り入れたMCで、被災状況をホントに

心配していらっしゃることがよく伝わりました。全国ツアーは10月まであるとおっ

しゃっていました、最後までどうぞお体に気をつけてツアーメンバー皆さん

がんばってください。 本日は素敵なコンサートをありがとうございました。

   



人気ブログランキング  へ   日記@BlogRanking

関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

“さようなら”

〔さようなら / NSP〕


先日、機会があってさだまさしさんの名曲「関白宣言」をパクった「関白失脚」

という曲を聴きました。フレーズは一緒で歌詞が♪「お前を嫁にもらったけれど 

言うに言えないことだらけ かなり寂しい話になるが 俺のホンネも聞いとくれ・・・」

と始まります。俺より先に寝てもいいから夕飯は残しておいて、とか、通販で買った自慢を

するが、買い物くらい体動かせ、
とかお父さんの悲哀に満ちたホンネ話に思わず爆笑!

です。メロディーもフラット(♭)が多く転調してあって悲壮感たっぷり。

ぜひ聴いてみてください。そんなさださんはフォークの神様世代でしたが、「グレープ」

からの出発でしたね。ワタシも昔LPを持っていました。「無縁坂」「精霊流し」

永遠の名曲で、いつ聴いても心が癒されます。

   ◆・◇・◆・◇

長崎県の人があんなに長い間戦ってきた戦争を、もう二度と繰り返してはならない、と願います。

ワタシが小学生だった頃ちょうど長崎から赴任された先生がいらっしゃって、ちょうどこの

NSP「さようなら」を唄えるような人格者できちんとした国語を

しっかり話せる教師でした。

   ◆・◇・◆・◇

このように学校の先生が普段から厳しかったため、ワタシ達もご先祖様の長年の苦労を学ぶ

きっかけとなったのでした。子供達の心は純真ですからね。誰もがどうすれば大人から

叱られずに、よく生きていけるか、考えていた時期でした。ところで「グレープ」と

いえばスタインベック作「怒りの葡萄」(THE GRAPE OF WRATH)がありますね。

よく学生時代に「こんな有名な本、早く読まなきゃ!」と気にしていました。


〔ゴンドラの唄 / 小林旭〕



この歌は、志村喬の映画「生きる」でブランコに乗りながら流れるワンシーン

で使用されていたそうです。他にも森繁久弥さん、ちあきなおみさんがとても上手に

歌っています。メロディーも勿論いいのですが、歌詞が若い女の子をかばって可愛い

ですね。果たして、弱気を助け強気をくじく、となるでしょうか。

   ◆・◇・◆・◇

ゴンドラの唄

作詞 吉井 勇
作曲 中山晋平

1.いのち短し 恋せよ乙女
  紅き唇 褪せぬまに
  熱き血潮の 冷えぬまに
  明日の月日の ないものを

2.いのち短し 恋せよ乙女
  いざ手をとりて かの舟に
  いざ燃ゆる頬を 君が頬に
  ここには誰も 来ぬものを

3.いのち短し 恋せよ乙女
  波に漂う 舟のように
  君が柔手をわが肩に
  ここには人目の ないものを

4.いのち短し 恋せよ乙女
  黒髪の色 褪せぬまに
  心の炎 消えぬ間に
  今日は再び 来ぬものを



人気ブログランキング  へ     日記@BlogRanking
関連記事

映画【サラリーマン忠臣蔵】

〔サラリーマン忠臣蔵 1960年〕


この映画には本編と続編があります。ワタシが観たのは上にUPした

前作の「サラリーマン忠臣蔵」ではなく、後者の続編でした。

   (※ 2009年12月31日、同年11月10日に逝去された森繁久彌を偲んで
      本作がテレビ東京番組として放送。)

それでは、これらの紹介をします。


≪続サラリーマン忠臣蔵≫
■公開:1961年
■制作:東宝
■監督:杉江敏男
■出演:大石良雄 ..... 森繁久彌
    大石律子 ..... 久慈あさみ
    大石力  ..... 夏木陽介
    浅野卓也 ..... 池部良
    芸者加代次..... 新珠三千代
    吉良剛之介..... 東野英治郎
    小野寺十三郎....加東大介
    大野久兵衛 .....有島一郎
    大野定五郎 .....三橋達也
    大野小奈美 .....団令子
    寺岡平太郎 .....小林桂樹
    寺岡軽子  .....司葉子
    早野寛平 .....宝田明
    桃井和雄 .....三船敏郎
    角川本蔵 .....志村喬
    足利直義 .....柳永二郎
    堀部安子 .....中島そのみ
    岡野   .....児玉清   他。
            

●あらすじ・・・

(1)『サラリーマン忠臣蔵』1960年
丸菱コンツェルンでは、アメリカ経済使節団の到着を明後日にひかえて準備していた。
本社には足利直義本社社長を中心に、赤穂産業社長浅野卓也、丸菱銀行頭取吉良剛之介、若狭金属社長、
桃井和雄ら18社の社長たちが集った。

若狭金属の角川専務は、桃井社長が吉良と口論したのを聞き、会社に災難が降りかかるのを危惧し、彼の秘書を通じて吉良に大判を献上した。吉良はご満悦、だが、芸者加代次が浅野を好きだと知って、浅野を憎んだ。
使節団来訪の当日、式場に遅れてきた浅野を吉良は罵倒し、こらえかねた浅野が吉良を松のロビーで殴打した。浅野は接待委員をクビになり、足利大社長から謹慎を命じられたが、傷心の浅野は会場を出て自ら運転する自動車の事故で急死してしまった。


赤穂産業の後任社長には吉良が乗りこみ、小野寺部長、吉田課長は左遷され社内の空気は一変した。それなのに帰国した大石は何故かバー祇園に入りびたり。血気にはやる社員の堀部安子、赤垣、竹林、磯貝らは怒った。

早野は辞表を出した。大石も息子力と大野常務の娘小奈美との縁談を吉良に妨害されて遂に腹を決めた。大石は外国商社との契約を個人契約に切換え、新会社設立に踏み切った。吉良社長就任披露宴の席で、大石は小野寺、吉田、原、吉岡らとともに、吉良に辞表を叩きつけた。


(2)『続サラリーマン忠臣蔵』1961年
貸ビルの一室を借りて新たに大石商事は発足した。赤穂産業からも同志の社員が続々と参加、元エレベーターガールの堀部安子も加わり、その数は47名に達した。

商談が成功せず、給料も払えぬ苦境に陥った大石は、自分の邸宅を売り払い、妻の律子を実家へ帰して、自分は寺岡の下宿に転がりこんだ。
商工会議所にまで手をのばした吉良の妨害で商談はことごとく失敗、大石商事は苦境のどん底にあえいだ。大石にとって最後の道は、天野化学社長・天野義平に直談判することだった。すると意外、天野は即座に契約を取りかわした。肥後が吉良の秘書に買収され、今までの商談を天野に取りついでいなかったのだ。これにより大石商事の業績は急上昇した。そして、その利益で大石は赤穂産業株の買占めにかかった。

12月14日、雪の降る日だった。大石は社員一同を蕎麦屋「山科」に集合させた。
これより赤穂産業の株主総会に乗り込み、吉良社長の退陣を迫る本心を社員に打ち明けた。株主総会は大荒れとなった。「山」と「川」の合言葉で攻防を展開する大石の作戦は、預かってきた議決権で遂に吉良を押しまくった。大石商事は赤穂産業と合併、桃井が新たな赤穂産業の社長となる一方、大石が専務に返り咲いた。


この作品は主演の森繁久彌さんが亡くなった際に追悼番組として、

民放TVでON AIRされました。斬新で珍しいテーマと懐かしい映像、流れるような

スピーディな展開で観るほうは圧倒されました。芸者さん、ホステスさんなんかも

当時の世相やファッションの様子を教えてくれています。

このように、配給が東宝であるように、森繁久彌さんの社長シリーズは映画界でも

日本のお宝名作集だということが、よく解りました。社員を47人集めたり、蕎麦屋の

2階で決起集会を行うなど日本の歴史上の事件をもじって、コミカルに描写した

一連の流れとなっています。あの「水戸黄門」のご老公役の東野英治郎が吉良役を

演じているため、いっそう更に打倒・宿敵吉良らしく、見えるのかもしれません。

これは、観てよかったと思う邦画です。親に社会勉強を教えてもらったようなもので

す。社長さんからの視点、というなかなか凡人には興味の集中する視点です。

ただし、もう懐かしいですけどね・・・。(思い出は美しく。)

 

参考資料:テレビ東京「森繁久彌を偲んで」


人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking
関連記事

ちあきなおみ

〔ちあきなおみ / 星影の小径〕


最近知った話ですが、昭和の時代の終わり頃亡くなった石原裕次郎さんは享年52歳、

そして美空ひばりさんは享年51歳だったそうです。ちなみにその頃石坂浩二さんは

38歳だったそうですから時の過ぎるのはなんと早いものでしょうね。

また、向田邦子さん、坂本九さんが御巣鷹山の日航ジャンボ機123便墜落事件で

奇しくも一緒に亡くなった事件もまるで夢の中の出来事のようでした。

世の中は無常に過ぎてゆきますが、私たちの普段の平和な生活に感謝しなくては

なりませんね。

今回は、もうすぐ私の父が1周忌ですので、少しシリアスに選曲しました。

          
     ≪アメリカンデイゴ≫ ≪夾竹桃≫

ワタシがちあきなおみさんを知ったのはまだ小学生だった頃でした。

私も声質がアルトなので当時はなんとなく無理せずに口ずさんでいました。

これらの人に優しい歌詞が素敵で気に入っていて気軽に『お母さん、』って言いたく

なります。また、確か「星影の小径」は某洋酒のCMで使われて

いました。そして1972年日本レコード大賞を受賞をしたのが

有名な「喝采」です。(UPしたのはTV音源のリアルなPVです。

歌詞間違いありですが。)

〔ちあきなおみ / 喝采〕


それぞれの人生っていろいろあるものですよね、人を感動させることができる名曲は

やはり、今でも色あせる事なく胸に響いてきます。

ワタシももう中年になり、思うこともままならず、大事な人を失ったりですが、

もういつこの世にお別れをいっても悔いはないようです。いい一生だった、

としておきたいです。そして父のご仏前に今までを感謝するとともに、

安らかに眠ってくださるようお祈り申し上げます。

        
     ≪ハマダイコン≫         ≪ラベンダー≫

人気ブログランキング  へ      日記@BlogRanking
関連記事

6月の旅行(その4)



ここは下田の南の端、「和歌の浦遊歩道」の夕景です。

「下田海中水族館」から「下田公園」を通り、パーキングに駐車します。

そして、そこから海側の歩道の南端を磯沿いに散歩できます。





海がエメラルド色だったり、松が生い茂っていたり日本の風景にひたれます。



波は満潮時でやや高いです。小島が多いです。





今でさえ、このように風流ですが江戸時代はどんな風景だったのでしょうね・・・。

そんなこんなで、もう日没です。やや雨降りでしたがお疲れ様でございました。





・・・最後に帰路、熱海の「小山臨海公園」の樹木のスナップです。





これは、「夾竹桃」の樹です。何本かあり、赤や白の花が咲き始めていました。

この種は、もともと夏の間に花をつける、インド原産のもので猛暑に強いそうです。

ただし猛毒性があるので要注意。そして、各地の公園によくあるそうです。

実は「夾竹桃」の歌がいくつかあって、美空ひばりさん、小柳ルミ子さん、藤あや子さん

がそれぞれのメロディーで歌っています。戦争中の時代、反戦の花として記憶されて

いたようです。



長かった旅行もあっという間でした。これで報告終わりです。

“知らない海を眺めていたい、どこか遠くへ行きたい・・・。”

これは「遠くへいきたい」の一節です。これから夏本番を迎えますが、

健康に気をつけて、どこか撮影にでかけたいです。ワタシは横浜在住

ですが、見所はたくさんあるので、機会があればぜひ。カメラの腕も上達したい

ものです。


人気ブログランキング  へ      日記@BlogRanking
関連記事

6月の旅行(その3)

のんびり旅行のその3です。今回は気合を入れ過ぎて写真を多く撮ってしまった、

「了仙寺」巡りのご案内です。幕末にペリーと日本全権との間で日米下田条約が締結

された史跡があります。ゆったりと優雅なたたずまいに日本の美を感じます。











なんといってもこのお寺は手入れがすごく行き届いていて、女性のお客さんにも

嬉しい、古いけどお洒落なアメリカンジャスミンがあちらこちらに咲き誇っています。

また、やはり紫陽花も濃い青から白い花まで、豪華に咲き揃っています。







外人のお客さんもきっと感動してしまうに違いないジャパニーズ・ビューティフル・プレイスです。















お寺の御門には「黒船橋」と石に刻まれています。(フラッシュで光ってしまいました。)




≪国指定史跡・了仙寺≫

寺の歴史・・・
■了仙寺は寛永12年(1635年)、第2代下田奉行の今村伝四郎正長により創建されました。

■“大阪夏の陣の時、目に病を持たれた徳川家康公は、家臣の勧めにより、当時目の神様として崇められていた身延山久遠寺第十一世の行学院日朝上人に病気平癒の願をかけられました。その祈願が成就したため、徳川政権安定の時に寺を建立することを約束されました。

今村正長公によって創建された了仙寺には、当時の幕府の将軍・徳川家光より朱印状によって領地が与えられ、家康公の祈願成就に奉じました。従って、了仙寺の寺紋は徳川家の紋である三つ葉葵です。

1854年、日米和親条約が締結され、ペリー艦隊が開港された下田に入港すると、了仙寺はペリー一行の応接所兼幕府との交渉場所となり、和親条約の細かい取り決めである下田条約がここで結ばれました。”



■“・・・江戸時代、奉行所が置かれた下田は江戸の海の玄関口でした。江戸に入る船は皆、下田港に入り、調べを受けることが義務付けられました。そのため、下田には毎日膨大な数の船が入り、それらを効率よく調べるため、正長は廻船問屋を作り、奉行所の仕事の一部を任せました。今で言う行政サービスの民間委託です。”


・・・このように資料に説明がありました。
 
参考資料:HP「了仙寺」



これは立正安国の上人の像です。お寺の御門の方向を拝んでおられます。



南伊豆の旅日記もいよいよ次回はその4です!お楽しみに。



人気ブログランキング  へ     日記@BlogRanking
関連記事

6月の旅行(その2)

さて、静岡旅行その2は、開国の町、下田です。

まずは、伊豆急下田駅からすぐの「宝福寺」に訪れました。











このお寺は幕末勝海舟らの謁見により坂本龍馬の脱藩が許された場所です。

唐人お吉の菩提寺でもあります。お吉はハリスに仕え、隣の記念館に遺品や絵など

展示してあるそうです。





ここは、散歩コースの次の地点、「市民文化会館」です。

この季節らしいマリーゴールドなどの花の花壇が見事です。

そして、こんな歴史遺産も・・・。



これは珍しい「迎神の松」です。横に長くのびた松でした。



そして、こんな当時の大砲や・・・



最近米国側から横須賀海自を経て寄贈された錨まであります。

この「市民文化会館」からすぐに日蓮宗「本覚寺」があります。

これまで観たお寺より比較的、地味なたたずまいです。





これより、「下田港内めぐり」に参りました。ここから「黒船サスケハナ」という

ペリー艦隊が搭乗していた「サスケハナ」号を模した遊覧船に乗船できます。

真っ黒なボディーなので遠くからもすぐわかります。









乗船すれば、下田港から出港して近くの弁天島、寝姿山などの自然美を眺める

約20分の周遊コースとなっているそうです。





のんびりした下田散歩は、まだまだ次回に続きます。 



人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking
関連記事

6月の旅行(その1)



6月の小雨が降る中、今回は東伊豆へ旅行しました。

今回はその1として写真などで名所のご案内をします。<(_ _)>



昼食は海の幸がよいということで、「お刺身定食」を奮発。

蟹のお味噌や茶碗蒸し、御新香がついています。お刺身の

ボリュームがあり過ぎてお腹がパンパンになってしまいましたよ!

ところで、ここ横浜から東名高速に入り静岡県に入って、まず驚いたのは

道路税が高いコトです。これはキツイ。

1.小田原厚木道路→2.西湘バイパス→3.真鶴道路→4.熱海ビーチライン

このように並んでいるので、ETCカーとはいいながらぼったくりの感もわいて

やがてはたまらなくなります。(こんなに払っているのだから、東海地方の津波なんて

災害予測は勘弁してほしい・・・!)

そして一路、南下の旅は進みます・・・。


「白浜神社」



ここは、南伊豆、伊豆白浜です。

“白浜海岸に位置するこの神社は、その歴史は2400年以上という伊豆半島最古の宮です。
主神は伊古奈比命(イコナヒメノミコト・縁結びと子授けの神様)と
三島大神(商業と漁業の神様)です。
 平成13年6月30日に歌手の西城秀樹さんが結婚式を挙げられたところです。”

・・・と説明があります。



























主神の伊古奈比命(イコナヒメノミコト)様が縁結びや子授けの神様なので、

ご祈願の絵馬がたくさん結ばれてあり、若いカップルのお参りも見られました。

また、御神鶏の「ウコッケイ」と「オクニ」がいましたよ。

隣のお社では、若者達が大太鼓をドドンガドン、と合奏していました。

たぶん、夏のお祭りがもうすぐだから練習を励んでいるのかな。

ここでは雨はさほどひどい降りではなく、デジカメで写真がたくさん撮れました。



参考資料:http://www.ikonahime.com/
                    ・・・白浜神社HP

     http://izu-shirahama.jp/event_guide.html 
                    ・・・伊豆白浜観光協会HP   


人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking
関連記事

“LOVE THEME FROM SPARTACUS ”

〔LOVE THEME FROM SPARTACUS / AKIKO〕


http://listen.jp/store/artword_1172844_121844.htm・・・歌詞

ブルーでジャジーなムードのAkikoさん。

とってもお洒落で、英語の原訳フレーズがお得意でいつも尊敬しています。

ところで、今日はワタシの身内にご不幸があったのでお別れの献花に、と

この曲を選曲しました。長い間お疲れ様でした。

言いにくかったけれど、どうもありがとうございました。

〔Quasar / Love Theme From Spartacus〕


これは全く他のアーティストさんの作品です。メロディーは同じ。もともとは

映画【スパルタカス~愛のテーマ】なのですが、この作品とにかく長い。

古代ローマ時代にリビアの鉱山で働かされる奴隷身分が主人公のお話ですが

古代エジプト時代のピラミッド創造を思わせる過酷でヘビーな

労働者のお話も思わせるようだったり、また、皇帝ジュリアス・シーザー

のローマ大軍と戦いを続け、蜂起する数万に膨れ上がったスパルタカスの反乱軍

民衆の群像であったり、あまりに壮大なテーマです。

元は6時間以上あるフィルムをカット編集して短くしたそうな。

ワタシは興味はあるものの、古代社会の長編ストーリーに巻き込まれたく

ありませんので鑑賞はやめました。<(_ _)>


『スパルタカス』(Spartacus)

 1960年公開 アメリカ映画

監督 スタンリー・キューブリック
製作総指揮 カーク・ダグラス
出演者   カーク・ダグラス
      ローレンス・オリヴィエ
音楽   アレックス・ノース


★戦記、軍記のストーリーはやはり短編で、ハッピーエンドがワタシは好きです。

人気ブログランキング  へ   日記@BlogRanking
関連記事

米ドラマThe Twilight Zone より

〔The Twilight Zone / Dreams for Sale〕


このような米TVドラマ「The Twilight Zone」シリーズをワタシは社会人

になりたての頃に当時近所にあったレンタルビデオ店で数本借りてきました。

他にも、搭乗した旅客機の真っ暗な窓ごしに「ゾンビ」(←グレムリンのような)

が出てきたり、三ツ目のバーテンダーの男がサイコスリラーよろしく最後に客を

脅かしたり、モノクロ時代のリメイクや'80年代タイプのショートストーリーもの

までいろいろです。ここでも'80年代らしい平和なユートピアな世界のなか、川に

カモがいたり、のシェークスピア風な映像仕立てです。

最近は日本のSF界の小説やドラマの方が余程おもしろいですね。

新時代が現れては変化し続けます。日本人の文化水準も遥かに向上しました。

ここでUPした『Dreams for Sale』も毎日のルーティーンワークを続ける

家庭人に納まりすぎて時間の概念を失った、心理サスペンス、サイコ・スリラーに

迫った作品です。小さな話ですが女性にとってはこれが人生の行き止まりだなんて・・・

ちょっとショッキングなエピソードです。主人公はかなり古風な女性の性格なので、

ワタシでしたら自分の母を思い出しますが。(翻訳なしでも簡単な英語ですよね。)

というのも、当時ワタシは、彼氏にフラれたばかりで社会に出た大人の女性として

生き方すら、さ迷う日々だったからです。会社員として真面目に働き、社会保険は

支払い続けていましたがこのブログで振り返る事ができるようになって、40代を

過ぎてやっと生活、文化的にも少しはその頃の苦労の報いのお釣りがきた思いです。



人気ブログランキング  へ    日記@BlogRanking
関連記事

映画【まほろ駅前多田便利軒】

         

6月1日は映画サービスの日、つまりレディース・デー、そして映画の日でした。

単なる庶民でいるワタシはさっそく、目ぼしい作品をピック・アップして

お出かけしました。場所は町田市のグランベリーモール、「109CINEMAS」です。

作品は【まほろ駅前多田便利軒】です。

       

       

この映画館では4月23日公開日に、舞台挨拶が行われ、主演の瑛太さん、

松田龍平さんと大森立嗣監督が上映前にあいさつを述べたそうです。

       

つまり、この「町田」という街がオールロケで撮影使用されていてエンドロールにも

『協力:町田市の皆さん』と説明ありました。劇場入り口の立て看板には、

ロケで周ったお店やスポットの案内MAPも展示してありました。

       

かく言うワタシも、最近までアルバイトなどで何軒か、お世話になったので、

街の様子はやや理解できます。今回はその時のお礼も兼ねて参りました。

「本日はお仕事をご紹介いただきありがとうございました。」

が、仕事上のマナー言葉でしたので時代は変わったものです。

       

映画【まほろ駅前多田便利軒】

監督 大森立嗣

脚本 大森立嗣
原作 三浦しをん
音楽 岸田繁
主題歌 くるり

主演  瑛太
    松田龍平
    片岡礼子
    鈴木杏
    本上まなみ
    横山幸汰
    大森南朋
    麿赤兒
    岸部一徳

あらすじ・・・

東京郊外の地方都市“まほろ市“で便利屋を営むバツイチ男多田のもとに、
ある年の正月、高校の同級生だった行天が転がり込んでくる。多田の手伝いを
するのを条件に行天は彼の家に住み着き始めるが、そんな二人の店には
曲者の依頼人が次々と訪れるのだった。犬の世話の仕事、子供の学習塾の
送迎運転、キャバ嬢のけんかのとりなし・・・そして絡まれたチンピラとの決闘・・・。
よく考えればワタシ達の住む街の日常生活そのものなのですが、映像でみると
生活するのも楽じゃない、人知れず苦労の数々が苦い思い出となって綴られています。


ワタシが思うにこの路線は「ジム・ジャームッシュ」監督作品に似て

肩を張らずにスッと馴染める気安さがいいです。幼馴染のナントカ君は今元気で

やっているかな、みたいな・・・。個人的にジャームッシュ監督の「ミステリー・

トレイン」を思い出しました。他にも「ダウン・バイ・ロー」や「ナイト・オン・

ザ・プラネット」なども観た時代です。あの頃(1990年代初期)もやはりイイコト

なんて何も残っていなくて、ただハリウッドの大作「バック・トゥー・ザ・フュー

チャー」製作後の残りの余韻に浸り、さらに手探りで未来を探さなくてはならない

と焦っていたツライ時期でした。



ところで、この作品にはいろいろな名脇役さんが出演しています。

本上まなみさん、大森南朋さん、麿赤兒さん、岸部一徳さん・・・。

鈴木杏さんはハデなキャバ嬢の役でしたがワタシはずっと菊池凛子さんだと勘違い

してました。また、この作品は渋い、しんどい、男だらけ、きつい、が再現されている

ほろ苦い内容ではあります。

ラスト・シーン、再び深夜のバス停で行天がフッと姿を現すシーンにはプロコルハルム

の「青い影」の曲が浮かんできました。

そしてラストのエンドロールにくるりの「キャメル」が流れるのですが、何となく

全共闘の学生運動の時代とあまり違いはないのかな・・・「カエルの子はカエル」

なのかなと考えてしまいました。主演の松田龍平さんのお父さんの松田優作さんの

影が交錯してきて・・・。「探偵物語」ではお洒落な探偵さんで存在感が深かった

です。人物の年輪や人生の重さは、年をとるまで長いレールに刻み続けられてゆくの

でしょうね。

まほろ駅前多田便利軒 - goo 映画 ・・・参考HP



人気ブログランキング  へ 日記@BlogRanking
関連記事

最新トラックバック

sidetitleプロフィールsidetitle

Kaorin♪

Author:Kaorin♪
「FC2ブログ」
はじめまして。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleやすらぎの名言sidetitle
sidetitle窓辺に花sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
音楽
6050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
605位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle誕生日性格占いsidetitle





sidetitleぴあ映画生活sidetitle
sidetitle世界のお守りsidetitle
お守り
世界のお守りブログパーツ
sidetitlechibitsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。