スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画【バカヤロー!2  幸せになりたい。】



日本公開:1989年
製作国:日本
配給:松竹

監督:本田昌広、鈴木元       
     岩松了、成田裕介
    
脚本:森田芳光
キャスト
小林稔侍、堤真一       
藤井郁弥、山田邦子     
               など





《あらすじ・・・》

1「パパの立場もわかれ」
旅行代理店社員の岡田良介は、お得意様の苦情処理係。
日曜日もお詫びに回っている。家に帰れば妻の夏子と娘の
亜矢子に「どこへも連れてってくれない」と文句を言われる。
ある日、社員特典で南太平洋、ニューカレドニアの切符を3枚
予約し、家族旅行の約束をした。二人は大喜びで、良介もホッと
したが、上役から強引にお得意様へ回すよう命令された。夏子と
亜矢子は近所の人や友達に言った手前、良介を責めたのだった。
そして良介は叫んだ。“苦労している自分の身にもなれ!”。

2「こわいお客様がイヤだ」
梶木丸男は深夜のコンビニエンス・ストアでアルバイトしているが、
仕事は暇で相棒の鳥井は座ってマンガを読んでばかり。お客も
暴走族風の男やらどこか変な人が多い。ある日可愛い女の子が
やって来て、梶木は一目惚れした。しかし、彼女を意識するあまり
幻想をみるようになった。万引きをする男、牛乳を飲んじゃう男、
ノートに似顔絵を描く女、パンストをはきかえる女、食いちらかす男、
雑誌を立ち読みし切り取る女、犬を連れてきてトイレさせる女など…
…。気の弱い梶木はついに“バカヤロー!”と叫んだ。

3「新しさについていけない」
郊外の建売り住宅に引っ越してきた新婚カップルの秋男とむら子。
二人はユーミンのレコードをかけようとしたが針がないので
買いに出かけた。しかし、CD時代の電気屋はなかなか針を
売ってくれない。音のうるさい旧型の掃除機や洗濯機も買い替えたが、
隣の電気に詳しい青年がいろいろ文句をつける。
その親戚の電気屋という男も出しゃばり、秋男は“バカヤロー!”と
叫んだ。

4「女だけトシとるなんて」
年下の女性の結婚披露宴に出席した理恵は恋人に結婚を迫るが
恋人は煮え切らず、理恵は東京の会社を辞めて故郷へ帰った。
新しい生活を始めようと何社も面接試験に挑む理恵。
しかし、地元の会社は東京帰りを煙たがり、親は見合いを勧める。
面接で年齢や結婚のことばかり問題にされ、理恵はついに
啖呵を切った。
                   (以上、資料より
 





今は亡き森田監督の四話オムニバス形式の作品を久しぶりに観ました。

松竹配給らしい、ほのぼのコメディーです。この当時は忙しくて

じっくりと映画鑑賞できなかったのですが、今あらためて観なおして

人間関係が繊細で日本人、特に若者らしさをとても深く表現できて

いるのに気がつきます。

"若さゆえにギリギリまで耐えてんだ、バカヤロー!"

ってやりきれなさが伝わってきます。身近にいるヒトビトを具体的に

想像できたりして、あ、失礼(笑)。

でもまあこんなワタシでも第4話めの

年配OLなんて当時はとらばーさん(転職雑誌とらばーゆ、より)などと

冷遇されていた社会事情を思いだしちゃいます。

人間は弱い生き物です。

誰かに優しくされてないと、見合う評価を受けて感謝されてないと

いつかはポッキリ心が折れてしまいますよ。

そんなときにプッツンなんていわないで、

誰だって一緒じゃない!!と噛みつかなければいけないのが若者の宿命。

水をあげなければ花は枯れてしまいます。

歴史を揺すった、かの515事件、226事件とまでは言いませんが

圧力をかけてくる体制が間違っている時、素直に直訴すれば、

ああなんだ、皆一緒じゃない、ってのが,友達の発言のように伝わります。

コミュニケーションに発展するメッセージが、この監督森田氏の作品に込めた

情熱なんだ、と思います。

結局、笑いながら鑑賞できることが、平和な日本人に生まれて良かった

という安心につながるので、百聞は一見にしかず、ですね。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック

sidetitleプロフィールsidetitle

Kaorin♪

Author:Kaorin♪
「FC2ブログ」
はじめまして。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleやすらぎの名言sidetitle
sidetitle窓辺に花sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
音楽
4937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
477位
アクセスランキングを見る>>
sidetitleTwittersidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle誕生日性格占いsidetitle





sidetitleぴあ映画生活sidetitle
sidetitle世界のお守りsidetitle
お守り
世界のお守りブログパーツ
sidetitlechibitsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。